swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

新型コロナウイルス

スウェーデンの陰謀論と新聞社チャットの正々堂々

「スウェーデン政府は嘘をついている。政府は意図的に新型コロナウイルスを撒き散らし、結果現在までに1万2千人の死者が出ている」「アンデシュ・テグネルは(犯罪者として)裁判にかけられるべきだ」。そんな陰謀論が駆け巡り、また陰謀論で世論を操作しよ…

DON'T GO TO TRAVEL

来週から地域別に順次始まるスポーツ休暇、さらにはイースターの休暇時期を見据えて、スウェーデン政府は公共交通機関を使った長距離移動を制限する考えを示した。 具体的には、150キロメートルを超える電車やバスなどを使った移動が対象で、その場合乗客数…

コロナで髪が抜ける?

新型コロナにかかった後、髪の毛がごっそり抜けて皮膚科を訪れる人が増えている、という記事の見出しを読んでびっくりしたが、これはコロナに関わらず他の感染症でも起こり得ることだそうだ。 心理的また身体的なものに関わらず、体が激しいストレスにさらさ…

コロナ第3波の可能性を下水から推測する

スウェーデンでのコロナの第2波は現在ピークを過ぎたように見えているが、私たちがちゃんと行動しないとすぐに第3波がやってくる可能性がある。と、先週の記者会見で公衆衛生庁のアンデシュ・テグネルが話していた。ワクチン接種は始まったものの、それに…

デンマークのコロナパスポート

ここ数十年増える一方だったEコマースの売り上げが2020年は初めて減少に転じた、という記事をみて、え、逆じゃないのと思ったのだが、Eコマース全体で見ると飛行機のチケットやホテルの予約など旅行関係のものも含むので、全体としては減少ということになる…

変化したスウェーデンでのコロナワクチン接種への人々の態度

少し前に「デンマークの公衆衛生庁では、対象者の90%がワクチン接種に同意するものとみている」というニュースに驚いたが(ワクチンを巡るニュースあれこれ。王様でも順番抜かしは許さない - swelog )、スウェーデンの最新の世論調査でも82%の人がワクチ…

「やっかいな、やっかいなウイルス」のその後

去年の春「やっかいな、やっかいなウイルス - swelog 」で書いた「回復しても若い人でも長期間リハビリテーションを必要とする人がいる状況は、患者と医療機関の双方にとってストレスフルな試練となる」というニュースで取り上げられていたマルクスさんが、…

やはりワクチンへの過信は禁物? スウェーデンの心配な事例から。【追記】心配しなくてもいい、と専門家

【追記・1月29日】 昨日のこの報道で心配になった人は私だけではなかったようですが、その後、多くの医師や専門家が「ワクチン接種を受けても(最大限の効果がでるには1週間から2週間程度の時間もかかるので、その間に)感染することはある。ワクチンを打っ…

よくないコロナニュースばかりの朝

昨日の夜はスウェーデンのアカデミー賞である、映画の祭典グルドバッゲン賞の発表があったので映画の話でも書きたいところだが、昨日EUがスウェーデンを濃い赤色で色分けした嫌な感じの地図を見たので、今日もやはりコロナ関連のニュースを。 (Foto:SVT Gra…

「言行不一致で信頼は簡単に失墜する」、をスウェーデンでも

わたしたちのリーダーであるべき立場の人が、言ってることとやっていることが違うと信頼は簡単に失墜するということが、スウェーデンでも証明された。 このコロナ禍で他国とは異なる独自路線をとっていても、政府や行政に対するスウェーデン人の信頼は高いと…

Håll i, Håll ut! 今が踏ん張り時

この週末はスウェーデンの隣国とのコロナ関連ニュースが目立つ。 ノルウェーでは首都のオスロ周辺でコロナの変異種の感染が拡大中。ノルウェーは昨日から食料品店などを除き不要不急な商店の休業や集会の禁止を求めた厳格なロックダウンに入った。スウェーデ…

2021年1月22日、今のスウェーデンのコロナ対策状況

昨日の木曜日、ロベーン首相を始めとした政府閣僚が朝の8時から(!)開いた記者会見で、コロナ対策に関するいくつかの変更が発表された。同日、公衆衛生庁は依然厳しい状況は続くが、ほんの少しだけ好転してきたようだと話している。 主な変更点と引き続き…

ワクチンを巡るニュースあれこれ。王様でも順番抜かしは許さない

毎日のニュースの中で、新型コロナウイルスのワクチン接種に関するものが増えてきた。今日はその中からいくつかまとめてお伝えします。 まず、スウェーデンと世界でどれくらいワクチン接種が進んでいるかに関してSVTがインフォグラフィックスでわかりやすく…

客一人あたり10㎡の制限

1月8日の金曜日にスウェーデン議会で可決され、早くも昨日の1月10日の日曜日から施行された、いわゆるパンデミック法。パンデミック法 - swelog 12月にこの法律が検討されているときには「政府は3月の実施を目指している」となっていたが、感染状況の悪化を…

コロナ予算の見込みと実際

コロナ禍に際してスウェーデン政府が次々に決めていった失業手当や補助金などのコロナ特別予算の中でも、なかなか決まらなかったのが高リスクグループの人の給付金予算だった。 高リスクグループ がんの治療中であるか、ごく最近治療を終えた人心血管疾患、…

中学生のリモート授業

一昨日、スウェーデンの基礎学校の授業のあり方になにか変化がでるかもしれないと書いたが、(今、小中学校を閉鎖するべきなのか? - swelog )結局スウェーデンでは昨日、中学校はリモート学習に切り替えてもよいという発表があり、それを実施するかどうか…

今、小中学校を閉鎖するべきなのか?

新型コロナ科学フォーラムと名付けられた30名の研究者のグループが、来週から新学期が始まる小中学校をもう2週間から4週間程度閉鎖するよう求める提言を行っている。昨日、ダーゲンス・ニュヘテルがこの提言を掲載し、今朝のSVTのニュースサイトもこの記事…

コロナとファッション消費

スウェーデンの商業業界団体Svensk Handelの調べによると、2020年3月から10月にかけて衣類の販売は、前年比で17%減少、また靴類は同期比で30%減少した。スウェーデンのチェーンストアの一つIndiskaは、SVTのインタビューに答え、売上が20%減少したと話し…

ワクチンとバーゲンとアジア人差別

普段はわりとすんなり取り上げるニュースをひとつだけ選べるのだけれど、今日はこの3つからどれにしようか悩んでしまったので、3つを並べて書くことにします。タイトルでは一緒にしてしまったが、3つのニュースの間に特に関連はありません。 ワクチン 昨…

コロナと公共交通機関の空気とマスク

昨日はスウェーデン政府がより厳格なコロナに関する規制を発表して、その中に公共交通機関使用時のマスクの着用が含まれていたことから、コロナ感染リスクと移動手段の関連をカロリンスカ研究所の医学微生物学のノルマルク教授にインタビューしたものが今朝…

王様にはない自由

国の基本となる憲法を構成する4つの法律の中に「表現の自由に関する法」を据えて、人々が自分の思ったことを自由に表現できることを大切にする国、スウェーデン。皮肉なことにこの基本があてはまらないほぼ唯一の人がスウェーデンの国王だ。民主政の現在の…

強制労働で作られた疑いのあるマスクがスウェーデンで大量に出回る

スウェーデンの地方自治体が運営する医療施設や高齢者施設などで使用されているマスクが、中国での強制労働で作られたものである疑いのあることをSVTが伝えたのが15日の火曜日。 昨日の水曜日はこの続報で、地方自治体だけではなくスウェーデンの社会庁や防…

「スウェーデンは高齢者をコロナから守ることに失敗した」

と書かれた第一次報告書を昨日提出したのは、5月に政府が設置を決めたコロナ監査委員会。 コロナ禍で政府が適切に対策をとったのかを監査するこの委員会の最終報告書は2022年9月の次の統一選挙の前に提出されることが決まっているが、今回のコロナで高齢者の…

ダメノSMS

今朝起きたら、SVTのニュースサイトでは「ダメノSMS」のニュースがトップにきていると思ったのに「岐路に立つアメリカの共和党」の解説記事がトップになっていてがっかりした。 「ダメノSMS」とは、報道されていたとおり昨日全国2200万の携帯電話に向けてス…

コロナ禍で減った自殺者

コロナ禍の日本では自殺が、特に若い女性の自殺が増えていると読んだが、スウェーデンでは自殺は減っている。去年と比較すると特に女性の自殺が12%減っている。 同様のコロナ禍での自殺統計がまとまってきているノルウェーやフィンランド、またイギリスやオ…

コロナの中の屋外ルシア祭

体験したことがない方にはわかってもらえないかもしれないが、私に言わせればルシア祭のないスウェーデンなんて「スウェーデンなんてまったくいいところがないじゃないか!」レベルの惨事である。 闇の深さになぜこんな暗い国に引っ越してきてしまったのかを…

コロナSMS

SMSはショートメッセージサービスの略で、スマホ以前の時代から携帯電話の番号同士でテキストメッセージをやりとりできる仕組みだ。日本では仕組みはあっても使っている人はほどんどいないと思うが、多くの人がスマホで普通のメールや他のメッセージアプリを…

パンデミック法

スウェーデン政府は一時的なパンデミック法の制定の準備を整えている、と水曜日に発表があった。この法律ができると、今は勧告でしかない公共の集まりやショッピングセンターなどは避けるようにという政府からの要請が、法律で禁止できるようになる。 このニ…

コロナで売れるソーセージ

コロナ禍でソーセージの売上が好調だ。 スウェーデンの大手スーパーチェーンWillysやICAの統計によると、パンデミックの中ソーセージの売上の伸びが顕著だ。背景にはコロナで増えたリモートワークと変化した週末の過ごし方があるのではと見られている。 誰も…

『一番大きなニュース』の裏側、グレタの新聞

スウェーデンの公共放送SVTの報道部は新型コロナウイルスのニュースの何をどう議論し、決定し、伝えてきたのか。そんなドキュメンタリーが昨日から公開されている。 取り上げられているのは、9時からのプライムタイムに放送されるSVTのニュースの看板番組『…

© Hiromi Blomberg 2021