swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのルンドという街からブログを書いています。スウェーデンのニュースから生活のヒントになりそうなものを、毎日一つ選んで紹介しています

環境

あなたは環境のためにどの習慣を変えるか?

かっこいいチョイスをしよう 気候変動を解決するための行動変化は罪悪感からのものではなく、もっと鼻高々で実行するものへと、私達の受け取り方を変えていく必要がある。 ー私はもう生活の中でこういうチョイスをしている。なんて素晴らしい!と自画自賛す…

飛行機利用の習慣を変える時

飛行機による二酸化炭素排出量への影響の高さ 気候変動への影響がこれほど取り沙汰されていても、スウェーデン人の飛行機による移動は回数も距離も伸び続けている。 平均的なスウェーデン人の二酸化炭素排出量の約10分の1は航空機での移動によるもので、こ…

光の散歩道

クリスマスまであと一ヶ月のこの週末から、街中でクリスマスのイリュミネーションが始まった。 凍った空気に映える少し地味めで、トナカイやヘラジカを型どった大きな光の飾り付けは、美しいだけではなく明るくすることで街のセキュリティを上げる使命も担っ…

流行りのプレゼント

日本ではメルカリが人気だが、スウェーデンでは昔からあるリサイクルのお店の人気が衰えない。 こういった店は慈善団体などが運営していることが多く、利用者は不要になったものを持って行ったり、家具などの場合は無料で車で引取にきてもらう。店で販売した…

食品プラスティック包装との付き合い方

スウェーデン人は買った食料のおそよ3分の1を廃棄してしまっているという。 温暖化で環境への関心が高まりプラスティック包装された食品をどうするか再考する人も出てきているが、実はパッケージにプラスティックが使われているかどうかよりも、食品廃棄に…

スウェーデンのトランジションな人たち

10年以上前にイギリスを発祥とする「トランジション(スウェーデン語はOmställning)」のネットワークがスウェーデンでも広がりつつあるようだ。 運動の中心にあるのは、これ以上環境問題を悪化させないため都会を離れ、化石エネルギー消費を極力抑えた自給自…

砂糖をどうする?

砂糖と炭酸飲料を校内から排除し、給食では肉を減らし野菜を増やす。さらに学校給食を健康的な食生活と環境問題に関して学ぶ機会として活用せよ。 この度5年ぶりに出された食品庁からの学校への助言だ。 今回、食品庁としては初めて、学校での食と関連して…

生き残るためのベジタリアン

昨日の土曜日は各地で観測史上の一番温かい10月の一日となった。ルンドでも最高気温は20度に達し、普段の夏の天候と変わらない。 ここまで天気がいいと嬉しいを通り越して不安になる。 地球温暖化の驚異は優しくすり寄ってくるようだ。 スウェーデンの研究者…

その肉どこから?

スウェーデンでずっと使い続けていた有機「Shoyu」がいつの間にか中国産になっていたことを知った本日。やっぱりちょっとショック。もう10年以上も前かな、買い始めた頃は日本のお醤油だったと思うんだけど? 日本のメーカーが販売しているヨーロッパのエコ…

サステイナブル・ファッション

今日からストックホルム・ファッション・ウィーク。先週はコペンハーゲン・ファッション・ウィークだったらしい。。(きっと誰も知らない。。)。 ストックホルムのデザイナーのことは残念ながらあまり詳しくはないけど、デンマークには結構好きなブランドが…

食料自給率

今日も暑い。これからどうなるのか?こんなにアイスクリームを食べた夏はない。 昨日、母とFacetimeした時は京都もルンドも同じ28度だった。週末にはいきなり豪雨になるかもしれないらしく、去年までとあきらかに気象現象が違う。一過性のものとは思えない。…