swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

スウェーデンで増える安物ショップ

街中のお店が次々と倒産して行く中、日本の100円ショップのように安物を売るチェーン店がスウェーデンでも好調だ。背景にはスウェーデンで広がり続ける所得格差があると小売業のアナリストたちは分析している。

従来の小売業がEコマースなどとの競争激化の中で業績に伸び悩む中、スウェーデンでは新興の「Dollarstore」が売上も利益も伸ばし続けている。以前からある「Rusta」や「Biltema」といったチェーン店も好調で、さらにはデンマークとノルウェーで成功した「Normal」も去年進出したスウェーデン市場でも順調に伸び続けている。

日本の100円ショップにはとてもお世話になっていた私だが、最近は新しくプラステック商品を買うことを減らそうとしているので、あまり買うものがない。Dollarstoreも最近よくみかけるなぁーと思っていたが、まだ足を踏み入れたことはないしおそらくこれからも買い物しないだろう。

一方長らく「安物」ショップと呼ばれていたIKEAだが、今増えている安物ショップに比べるとやはり土台には一本筋が通った考え方があったように思う。最近はIKEAもにも行かなくなってしまったけど、IKEAはこれからどんな製品を売っていくのかには興味がある。さて、IKEAは何を売っていくのだろうか?

小売業の衰退の中で安物ショップが伸びる