swelog ここだけのスウェーデンのニュース

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

増えるコーヒー泥棒

最近コーヒーはDrop Coffeeから買っていてスーパーでコーヒーの棚を覗くこともなかったので気がついてなかったけど、中央統計局の最新の調査によるとコーヒーの価格は30%近く値上がりしているそうで、それにつれてか、スーパーでのコーヒーの万引が増えている。

取材に応じていたマルメのとあるスーパーでは、人気のコーヒーブランドZoegaのスコーネロースト(超深煎コーヒー)が頻繁に盗まれることから、現在はこのコーヒーを棚から撤去して、買いたい客には倉庫からだして別に対応するようになった。これまで万引は肉やサーモンなど価格の張るものに目立ったが、コーヒーもその仲間入りをしたようだ。

スウェーデン商業連合会(Svenska Handel)の調べによると、万引はこの3年間で24%増えている。コーヒー価格の値上がりと万引増加の関連性はまだ統計的に確認されたわけではないが、価格の高いものが万引されやすいという傾向は以前からはっきりしていた。

コーヒーの万引は麻薬中毒者が現金を入手するための手段としても使われているようで、同じくマルメの別のスーパーでコーヒーを24包(約2万3000円相当)盗んで現金化してヘロインを手に入れようとしていた男性が逮捕されている。

スウェーデンのコーヒーの平均的なパッケージは500グラムもあって結構大きいのだけれど、それを24個も一度にどうやって盗もうとしたのか? 『万引き家族』でみたような手法とはかなり異なる大胆なやりくちのよう。

ちなみにDrop Coffeeのコーヒーはスーパーで売られているものと比べるとものすごく高いのだけれど、最近値上がりしたということはないです。

万引続発でマルメのスーパーはコーヒーを棚から隠した(SVT)

コーヒーでヘロインを買おうとした男性がマルメで起訴される(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022