swelog

今日のスウェーデンのニュース

警察に通報される「お客様」

 

薬局の調剤員に「白人をだせ」、「この国で住みたいのなら被りものをとって、もっと同化しろ」などの暴言をはく客が特にこの2,3ヶ月で急増している。

大手薬局チェーンのアポテック・イェルタットだけでも、これまで15人の客を差別的行為で警察に通報する事態となっている。

別のチェーン店のクローナンでは、9月にすべての従業員に「人種差別をする客は警察に通報する」と通達を行い、アポテーケット社は従業員に対して「気持ち悪い。被りものをとれ。その黒い目でジロジロ見るな」等と言った75歳の男性を裁判に持ち込み、罰金の判決を勝ち取っている。

 

薬局・ドラッグストアは、薬剤師が社会的に高いステータスをもつ国出身の人達が多く働く業界で、他の小売店などに比べるとヒジャブなどを着用して働いている人も比較的多いそうだ。

 もとより薬局には、精神的に追い詰められた患者なども多く訪れ、様々な嫌がらせや常識を逸脱した行為にさらされるのが働くスタッフの日常だそう。

しかし、ここ数ヶ月の流れは明らかに異なり、肌の色やイスラム教徒であることで嫌がらせ、お客ハラスメントにさらされている人が多い。

 

他の小売店とは異なり、調剤薬局に来る客は薬と必要としている人でその部分ではサービスを提供する必要があるのに、同じ客が人種差別発言をするというところにこの業界ならではの難しさがある。

 

薬局でスタッフへの人種差別的行為が急増中 (SVT Nyheter)