swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などの面での日本とは異なるアプローチがヒントになればと、 スウェーデンのテレビや新聞のニュースの中から、ささったトピックを毎日ひとつ選んで紹介しています。 週末は長めの読み物 swelog weekend スウェーデンのニュースメディアを取り巻く環境の変化にも注目しています。

アストリッド・リンドグレーンと新しい絵本

この夏、アストリッド・リンドグレーンの文章を使った新しい絵本が2冊出る。

f:id:hiromi_blomberg:20190329152037j:plain

Marit Törnqvist och Maria Nilsson Thore har illustrerat texter av Astrid Lindgren. Pressbild. Bild: Rabén & Sjögren

アストリッド・リンドグレーンといえば『長くつ下のピッピ』が有名だが、私は『やかまし村の子どもたち』と『私たちの島で』が大好き。

今回、出版の決まった2冊の絵本は、この2作品に関連したもの。

「やかまし村の子どもたち」の方は、物語が映画になった時にリンドグレンが作詞した「みんなおやすみ」という子守唄に着想をえたもの。

この唄は、2002年のリンドグレーンの葬儀の際にも使われ、今回絵本にしたマーリット・トーンクヴィストはそれを聞いて本の着想をえたという。

www.youtube.com

「私たちの島で」の方は、物語の中からエピソードをひとつとりだして(ペッレがうさぎを飼う話)絵本に仕立てたものだそうだ。

と書いていたら『私たちの島で』の舞台のストックホルム群島に行きたくなってきました。夏のコテージの予約、今からでも大丈夫かな?(そう、スウェーデンではもう、夏休みの予定を真剣に立て始める時期です!)

Have a nice weekend!

リンドグレーンのテキストを使った新しい本が出版へ