swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

AVICIIと一緒に、上を向いて歩こう

6月6日、昨日のスウェーデンのナショナル・デーにリリースされたAviciiの新作アルバム『Tim』(TimはAviciiの本名)。

一年前のAviciiの突然の死。残された楽曲やメモ、メールのやり取りなどから共同プロデューサーの面々が遺族の意思をくみ、制作された彼の最後のアルバム。

さっきスウェーデンのニュース番組のアルバムリリース紹介をみていたら、坂本九の『上を向いて歩こう』のメロディーが突然流れてきて、スキをつかれ涙がでてきた。

アルバムリリースに先行して発表された『S.O.S』という曲もかなりせつなくなったが、この曲「上を向いて歩こう」の背景を知らない人にはどう聞こえるのかわからないが、「Avicii・上を向いて歩く昭和の物語・坂本九の笑顔」などなど、が私の頭の中で駆け巡り、胸が勝手に熱くなる。

Aviciiが自分で「上を向いて歩こう」を選んだのか、他の人が今回のアルバムのために採用を決めたものなのか背景はまったく知らないけれど、心を打つ作品と作品、偉大な才能と才能、その苦悩。それはこうして交錯していくのかと、今もまだドキドキしている。

『Tim』はもちろんSpotifyでも聞けて、この「上を向いて歩こう」がフィーチャーされているのは『Freak』という曲です。今晩はこのメランコリーといわれてるアルバム聞きながらゆっくりすることにしよう。

Timの音、これがAviciiの新しいアルバム

www.svt.se

open.spotify.com