swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

公共放送と自己メディア

 誰でも簡単に自己メディアで発信する時代

先日のポッドキャストのセミナーに続いて、今日はスマホでビデオの撮影と編集を行うセミナーに参加。

今回は、会員になっている個人事業主でも入ることのできる労働組合の主催で、講師は、趣味の釣りのために撮影していたビデオが評判になりついにはHR関係の仕事をやめてビデオ制作の事業を昨年10月に立ち上げたというカッレ。

本人が技術的なことはあまりこだわらない(わからない?)というだけあって、初心者でもお金をまったくかけずスマホだけで編集までする方法を2時間でみっちり教えてくれた。

先日ストックホルムまで行こうかと悩んでいた有料のセミナーは一日で6500クローナ(約8万2千円)ほどしたので、今日のようなセミナーが無償で受けることができるのは嬉しい限り。

カッレもとりあえず出来はあまりこだわらずまずやろう、と言っていた。

はい、ブログもポッドもビデオもまずやろう、ということで帰ってきてから5分で作ったすごいできのビデオをインスタにあげました。。。

 デンマーク公共放送では大量解雇へ 

こうして私と今日の他の参加者のような、普通のひとたちが自己メディアを量産する一方で、デンマークからは今日、公共放送が400人解雇するニュースが。

前回の選挙で、政府に大きく食い込んだ右派ポピュリズム政党であるデンマーク国民党が進めてきたこの件で、2020年までにデンマークの現在6つある公共テレビチャネルのうち2つはストリーミングのみとなり合計3チャンネル体制へ。ラジオもポッドよりのデジタルによる配信に軸足を移すそう。

日本やスウェーデンの公共放送はどうなる?

2018年9月18日

 

政治的判断でデンマーク公共放送で400人の解雇 (Dagens Nyheter)