swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

ユーロビジョン・ソング・コンテストとDNAテスト

今週末、テルアビブで決勝が開催される今年のユーロビジョン・ソング・コンテスト。今年、このコンテストの大々的な商業スポンサーとなっているのが、DNA分析提供サービス会社ののMyheritageだ。

有名人がMyheritageのサービスで、自らの民族的オリジンを知るというコマーシャルやプロモーションを大々的に流している。

このテストの信頼性と、過剰な民族意識の強調を煽る可能性が専門家の批判を受けている。ウプサラ大学で遺伝について研究するマティアス・ヤコブソン教授はDNAテストを「タロットカードやホロスコープのようなもの」と説明する。

ファミリーヒストリーに詳しい専門家もこれに同意しており、「DNA分析の会社はあなたのDNAは51%がフィンランドなど数値で民族的起源を表すので、非常に科学的で正確に見えるが、参照グループの区切り方や数値の切り取り方で、大きく変わってくることを理解しておく必要がある」と言っている。

そしてテストは、正確にこの土地から来ていますという起源を表すものではなく、今その土地(国)に住んでいる人たちの参照DNAと比較した類似性を表すだけものであることも理解しておこう。

NDAのテストはこれまでに世界で2500万人の人が受けたとされており、家系図の作成が盛んなスウェーデンでも、既に10万人程度がテストをうけている。

外見がとてもスウェーデン人ぽい、私の夫もいそいそとテストしていたが、すっごくスウェーデン人度が高いという、テストする前から明らかだろう、という結果が帰ってきていた。わたしこそ、テストしてみたらおもしろい結果がでるかもしれない?

専門家はユーロビジョン・ソング・コンテストのスポンサー提供の民族性テストに批判的「星占いのようなものです」