swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

弁護士は女性だけ? 職業の男女比が変わる

スウェーデンではもう25年前から高等教育の進学者は女性の方が多い状況だ。この秋、勉学を開始した35万人の男女比率も38%・62%となっている。

さらに現在はこれまでは男性比率が高かった学部で女性のドミナンスが目立つ。今、各大学の法学部は最難関学部となっているが、今期の入学者では62%が女性。同じく医学部の入学者も55%が女性だ。更には工学部でも30%近くが女性となるなど、変化がみられる。

ニュースのビデオクリップでは弁護士として活躍する若い女性たちが「このまま女性の進出が進めば、近い将来会社の役員には女性ばかりとなり男性をクウォータ制で参加させる必要でてくるのでは?」という意見もでていた。

しかし残念ながら学歴や優秀さと、権力 を誰が持つかは必ずしも一致しない。だた、これからも各職業の性差比率はさらに変化していきそうだ。

これまで男性優位だった職業は女性が担う