swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

Moving Sweden: Topp 3 がLGBTQ映画祭で受賞!

スウェーデンの最北部、ノールランドを舞台に18歳のアントンとダービットの恋を描いたアニメーション・ロマンティック・コメディ『Moving Sweden: Topp 3』がロスアンゼルスのLGBTQフィルム・フェスティバル、Outfestで最優秀長編映画観客賞を受賞した。

Outfestは1982年から開催されている歴史あるLGBTQ映画祭で、今年は7月18日から28日まで開催されていた。

フィルム・プロダクションのSojaとスウェーデン公共放送のSVTで共同制作されたこの45分の映画は、昨夜SVT2で放映された他、今から1ヶ月、スウェーデン国内ではSVT Playで見ることができるし、この先スウェーデンでは映画館での上映も予定されている。

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/23129850/1564410414?quality=70&format=auto

(画像・Soja プレス素材)

トレイラーはこちらから。

www.svt.se

スウェーデンに住んでいる人は本編を下のリンクから視聴可能。

www.svtplay.se

映画の舞台となったスウェーデンの最北の街で同様に育った監督のソフィー・エドヴァードソンさんによると、映画の完成には3年かかったが、今は次のプロジェクトのアイディアをねっているところだそう。

ちなみにスウェーデンと英語でいつもややこしいLGBTQですが(私だけかな?)、

英語では LGBTQ レスビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー・クィア

スウェーデン語では HBTQ ホモセクシャル・バイセクシャル・トランスセクシャル・クィア

で、英語がレズビアンとゲイを分けて表現していることろを、スウェーデンではホモクシャルと一緒にしている点が異なるだけです。なんだ簡単じゃないか! これでもう忘れないぞ!

スウェーデンのアニメ映画がロスアンゼルスで賞を獲得