swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

PCR検査の現在・過去・未来

f:id:hiromi_blomberg:20201119141006j:plain

これまでに300万件のPCR検査が行われ、16万人の新型コロナウイルス感染が確認されたスウェーデン。先週は一週間で26万件のPCR検査が実施され、これまでの最高記録となった。

これは春には一日に200件の検査を処理していたダーラナのファールン広域病院にとっては、同じ人員体制で一日700件の検査を処理することになり、現場はこの先の検査体制の持続可能性に警鐘を鳴らしている。インタビューに答えていた検査技師はスポイトを使った同じ動作が果てしなく続く作業で疲労が限界にきていると話す。

スウェーデン生物医学研究所の会長は「(誰でも検査できるからといって)”パーティーしたら検査”のような責任感のないことをするのはやめてほしい」と呼びかけている。検査は必要な人が必要な時にできないといけない。

公衆衛生庁は現在、検査ラボの人員を増やす、新しい外部の検査機関と契約する、またまったく症状がない人は検査を控えるように呼びかけるなどの対応策をとっているが、同じ人が短期間に何度も検査することを一時的にできなくする手段も検討している。検査の申込みをするサイトでこのようなお知らせと仕組みを展開していく予定だ。

Viktigt att testkapaciteten används på rätt sätt under covid-19-pandemin — Folkhälsomyndigheten

同時に政府は、この先ワクチンの効果が不確かなことから、来年いっぱいを見越したPRC検査体制の確保を本日決定する。

医療も検査も、そして同僚の病欠などで体制が逼迫している教育や介護の現場などにも、できるだけ負荷をかけないためにも自分がなるだけ感染しないことは大切だ。今週は夫以外の人とほとんど接触しないまま一週間が過ぎていきそうだけど、この生活はこの先まだまだ続きそう。

検査ラボからの警鐘「作業量が限界にきている」

公衆衛生庁は繰り返し検査の制限を検討

公衆衛生庁は来年いっぱいのPRC検査のキャパ確保の方向へ

日本では今、34万件の簡易キットの検査を含み、名目上は一日50万件の検査(採取と判定)の体制が整っているそうです。

新型コロナ:コロナ検査機関、2.4万カ所指定 1日50万件採取可能に :日本経済新聞