swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

高額年金所得者のポルトガルの夢の終結

年金退職者となったあかつきには、南欧の温かい国で過ごしたい。

スペインやポルトガルにマンションを買ったり、コンドミニアムを契約する人は、今の退職者の世代には多いし、各地にスウェーデン村のようなコミュティもある。

そんな状況のところへ、今回政府が発表したのはポルトガルへの年金移住者に適応されていた特別税額控除の廃止。

これまではポルトガルに5年以上住んだ年金退職者は、個人年金積立を税額控除で全額引き出すことができた。今回、政府がポルトガルと合意したのはこの税額控除の廃止だ。

2017年にスウェーデン公共放送が調査した際には、この協定により、ポルトガルへ引っ越す退職者は5倍増加していたそうだが、これからはポルトガルよりも、同様の協定が残る、マルタやフランスを選ぶ人が多くなるだろうと、年金コンサルタントは予想する。

上の2017年に実施された調査では、ポルトガルへ移住する退職者は、この税額控除制度を反映してか、スペインやタイへ引っ越す人と比べて格段に年金収入が高い人(一人あたり平均で年1200万円以上)だったそうだ。

一生、汗水流して働いても、僅かな額の年金しかもらえない人でも、そこからちゃんと税金を払っているのに、多額の年金受給者が、国が認める方法で税金逃れができていた不公平感を是正するのが今回の変更の目的だそうですが、そもそもこんな仕組みがあったことに驚きましたわ!

ポルトガルへ移住する年金退職者への多額の税額控除が廃止へ