swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

教会とスポティファイが引き起こすCD争奪戦

スウェーデン国教会が契約していたSpotify Businessが今年の3月いっぱいでサービス提供終了となり、各地の教会では儀式での音楽の提供方法に苦慮しているそうです。

教会で執り行われる結婚式やお葬式といった儀式では、各自の思い入れのある音楽を流すことがほとんどだと思います。声楽家やアンサンブルを招いてのライブでの演奏も人気ですが、特にお葬式では録音した音楽を使うことが多い。

スウェーデン国教会は現在Spotify Businessの代わりに、CDを音源として使うことをすすめていますが、これがまったく現実的な解決策になってません。こちらでは、スポティファイの普及とともにCDを捨てた人も多く、また通常のスポティファイの契約はあくまで個人での使用のみ認めたものなのでこういった公の場では使うことができません。

オークションサイトやSNSなどでは、特定のCDを探す人のCDフィーバーが起こる事態にもなっているそう。

音楽がストリーミングで提供されるこの大きな流れはかわらないでしょうし、スウェーデン国教会もスポティファイにかわる音楽サービスを探しているというですが、そうですね、思い入れのある曲がはいったCDはもうしばらく手元においておきますかね?

教会でストリーミングの提供中止で音楽はCDへ