swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などの面での日本とは異なるアプローチがヒントになればと、 スウェーデンのテレビや新聞のニュースの中から、ささったトピックを毎日ひとつ選んで紹介しています。 週末は長めの読み物 swelog weekend スウェーデンのニュースメディアを取り巻く環境の変化にも注目しています。

高齢者と飲酒

高齢になると、アルコールの摂取量が少量であっても病気や事故につながる確率は高くなる。今回まとめられたのは、新しい研究によるものでなく、これまでに発表された数々のレポートから高齢者に限っての成果をまとめた、いわばキュレーション型のレポート。

高齢により体重が減ったり肝臓の機能が衰えたり、また薬を常用する人も増えることでアルコールの影響が以前よりも出やすくなる。主には単純に体の筋肉量が減っていくことから、体内の水分量が減りアルコール摂取した時の体内アルコール濃度が上がる。以前と同じだけの量を飲んでいると飲みすぎているということらしい。

病気以外に家の中で躓いたりといった事故も増えるが、飲酒によりキレやすくなり高齢者のアルコールによる家庭内暴力も増えている。

もともとお強くなかった私は、お酒と飲むとすぐに寝てしまうようになったのですっかり酒量が減りました。後はたぶん、食べる量も減らした方がいいのだと思う。体的にははやくも25歳をすぎるとアルコール耐性は弱くなっていくそうだ。(ずいぶん前のことです)。

レポート全文はこちらから読むことができます。 『アルコールと高齢者』

 

年とともにアルコールに弱くなる理由 (SVT Nyheter)