swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などの面での日本とは異なるアプローチがヒントになればと、 スウェーデンのテレビや新聞のニュースの中から、ささったトピックを毎日ひとつ選んで紹介しています。 週末は長めの読み物 swelog weekend スウェーデンのニュースメディアを取り巻く環境の変化にも注目しています。

熊の血から新薬

熊の血が薬に?

世界にはまだまだわかっていないことも多い。1年のうち半年も冬眠する熊。お腹いっぱい食べて冬中眠り続けるが、春には健康体で寝覚める秘密を探るダーラナ地方での共同研究プロジェクトが進行中だ。

熊はなぜ病気にならない?

通常は6ヶ月もの長い間眠り続けたままであると、心不全、腎不全や骨粗鬆症などになるはずなのに、熊にはそのような症状はみられない。人間の筋肉は加齢などで活動量が減ると筋肉は衰退していく。血流が低くなると心臓病や血管関連の病気になるはずだ。

熊の筋肉の健康を保つ物質が発見されると新薬の開発につながるかもしれない。

冬には血の中で45倍増える分子

現在までにプロジェクトは、熊の筋肉に作用していると考えられるタンパク質を発見している。重要と考えられる3つの異なる分子のうちの1つは、冬には夏の45倍の量になる。そして熊の血から作った血清が、人間の筋肉にも作用するということが研究では既に確認されるいる。

新薬が開発される日もそんなに遠くはないのかもしれない。

興味のある人は昨日TV放映され、SVT Playで夏まで視聴可能な『熊のスーパーパワー(Bjönens superkrafter)』をぜひどうぞ。熊の血にとりつかれたフランス人の研究者達が熱く説明してくれます(スウェーデン国内で視聴可能)。

www.svtplay.se

熊の血から新薬が開発か?(SVT Nyheter)