swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

コロナ禍で減った自殺者

f:id:hiromi_blomberg:20201214144644j:plain

コロナ禍の日本では自殺が、特に若い女性の自殺が増えていると読んだが、スウェーデンでは自殺は減っている。去年と比較すると特に女性の自殺が12%減っている。

同様のコロナ禍での自殺統計がまとまってきているノルウェーやフィンランド、またイギリスやオーストラリアといった国々でも自殺者は増えていない。だたヘルプラインなどへの相談が増えるなど気分のすぐれない人が増えている兆候はある。

カロリンスカ研究所の精神科のクリスチャン・ルック教授は、1910年から1978年の間の自殺者数と感染症の相関関係を分析した。結果はまだ文献として発表されていないが、わかったのは1918年はインフルエンザ、いわゆるスペイン風邪で25000人が亡くなっているが、同年の自殺者はこれまでの統計の中で一番低いというのものだった。

同様の結果はアメリカのコネチカットで自殺数を調べた研究からも見て取れる。医療機関がコロナ禍で大変な状況になっている中では、自殺者は13%減った。

ルック教授は、コロナという共通の敵に立ち向かう連帯感のようなものが生まれ、それがこの自殺者の減少に影響しているのではないかと話す。また孤独や孤立している状態を例年ほどつらいとは感じないのかもしれないとも見ている。理由はどうあれ、この先スウェーデンの孤独な人が一年で一番つらいといわれるクリスマス・イブの冷たさが、少しでもやわらぐといったこともあるのかもしれない。

 

話は変わるが今朝はまた、2019年のオロフ・パルメ賞を受賞したジョン・ル・カレが亡くなったというニュースが入ってきた。ご冥福をお祈りします。Tack, Le Carre!

オロフ・パルメとジョン・ル・カレ - swelog 今日のスウェーデンのニュース


パンデミックの中、不安は増したが自殺者は減った

© Hiromi Blomberg 2021