swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

軍事防衛費が5割増しになる時

陸軍を倍増し、兵器を購入

スウェーデンの軍事防衛費は、今後、数年にかけて5割増の勢いで増えるかもしれない。

長らく武装中立国で、かつ近年は軍事防衛費を削減させてきたスウェーデンが、その大幅増を検討している。ダーゲンス・ニュヘテルは防衛委員会の提案に、国会で過半数をとる政党が既に賛意を表明していると伝えている。最終提案報告書は3ヶ月後に提出される。

委員会の提案は、陸軍では要員を倍増し、グリペンを数台と潜水艦をもう一隻購入するというもの。また海軍のレーダー航空機や対空防衛ロボットの必要性も指摘されている。

近隣NATO諸国を下回る基準

現在の防衛費は、標準的な国際基準と同レベルの国内総生産 (GNP) の1%だが、これを段階的に引き上げ、「防衛と国民の緊急時への準備費」として、2025年にGNPの1.5%まで引き上げる提案となっている。その場合予算は、2018年の540億クローナ(約6400億円)から2025年には50%増えて810億クローナ(約9700億円)になる。

NATOに加入してしているスウェーデンの近隣諸国は、同基準はおおむね1.5%〜2%だ。

スウェーデンでは半数が増強を支持。さて、日本の現状をどうみよう?

2018年12月に実施された世論調査でも約半数の46%の人が軍事防衛費の引き上げを支持している(37%が現状維持、7%引き上げ反対)。領海の近くでのあやしい潜水艦目撃情報は、去年もニュースを賑わせた。

中立国で軍事武装を国の中核とするスウェーデンと、戦争放棄の前提で同盟国と国防をなそうとする日本。スウェーデンの立場ははっきりしていてわかりやすいが、日本の場合は状況は複雑で、私には判断するのが非常に難しい問題だ。

まずはファクトフルネスに従って、ちゃんと現状を理解することから始めるとしよう。

軍事防衛費5割増の可能性 (Dagens Nyheter)

【追記】スウェーデンの国防の現況をわかりやすくまとめてくれているブログをみつけましたので、リンクを張っておきます。どなたが書いていらっしゃるのかな?

dent-sweden.com