swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

1人でスマホ見てないで、みんなでクリスマスクッキーハウスを作ろう!

https://www.svtstatic.se/image/wide/650/24645913/1574941133?quality=70&format=auto

(画像・SVT Frida Claesson)

毎日ブログに書く内容を選ぶときには ニュースサイトをざっと見て見出しが面白そうで自分でも内容についてもっとよく知りたいと思ったものを2,3選び、ざっと比較検討してしっかり読むものを一つ選んでまとめている。

さて、今日はクリスマスのクッキーハウスの話題とスウェーデン企業で女性トップが増えてきたという話題が目にとまった。

女性トップのニュースは、ざっと見て内容はシンプルだったので(年間売上が50万クローナ以上の企業284,999社のうち女性がトップの会社は今年全体の18%)、今日はクッキーハウスの話題にします。

今、ストックホルムにある国立の建築デザインセンターArkDesでは、全国から集まった202のクッキーハウスが展示されている。今年のテーマは「ホット(英語のhot、スウェーデン語のhet)」だ。

パリのノートルダム寺院の火災や、熱い議論を世界中に広げたグレタ・トゥーンベリさんの黄色いレインコートを着ている写真をテーマにしたもの、さらには気候温暖化を真正面から取り上げたもから先日記事にした毎年放火される「クリスマスのヤギ」に至るまで、多彩な「熱い」クッキーハウスが並んでいる。

swelog.miraioffice.com

今年は例年と比べて応募がぐんと伸びたそうで、審査員の1人の「スマホ問題が注目を集めるなかで「みんなで一緒に作り上げる」クッキーハウスの価値が見直されているのでは」とのコメントが興味深い。

週末みなさんもご家族やお友達とオリジナルのクッキーハウス作りはいかがでしょう?

(こちらはインスタのpepparkakshusタグのトップ投稿です。正統派ですね)

www.instagram.com

ArkDesのクッキーハウス展示に記録的な応募数