swelog

今日のスウェーデンのニュース

雇用されない自由と老後の年金リスク

 

起業に雇用されず、フリーランスで働く人が増大している(私もだ)。

スウェーデンの統計数字はないものの、ある研究によるとアメリカやヨーロッパでは勤労人口の20から30%にも及ぶという説も。

 

日本の国民年金と厚生年金の差と同様に、スウェーデンでも基礎年金しかもらえない層と被雇用者がほどんど加入している雇用年金の恩光をうける人の差がますます拡大する。

これまでの世代、例えば1930年生まれの人は基礎年金だけでも最終給与の60%くらいの年金を受け取っていたが、これが1990年生まれの人では45%以下となる見込み。

 

保険・金融会社のスカンディアの試算では、41歳になる今年まで会社員として働き、その後フリーランスになった月給が60万程度のITエンジニアでは、生涯を通してもらえる年金総額に2300万円程度の差がつくそう。

 

だから株式会社を持っている人は有利な年金積立の仕組みを使ったり、個人事業主の人は年金積立を始めましょう、という金融機関からの脅し(?)なのだろうが、言っていることは正しいので私もさっさと始めることにします。。。

 

でも雨の後、木々も色づきはじめ気持ちのいい日曜日だから、そんなことしたくないなぁー(というキリギリス)。

 

数十万人が貧乏な老後を迎える危険ゾーンに (Dagens Nyheter)