swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

朝のニュースが解説する女性のオナニーとバイブレーターの使い方

「え、今、オナニーって言った?、新型バイブレーターって言った?」

昨日の朝、作っていた朝食から目を離して慌ててテレビの画面を見れば、時計はまだ6時52分。「こんな時間にオナニーのニュースですか? やるなぁー」と思う私。

つい先程まで、強行ブレクジットになった場合の英国人の滞在ビザついて法務大臣をインタビューしていたスウェーデン公共放送SVTの朝のニュース番組。

目を向けたテレビ画面では、ゲストの性科学者がスタジオに持ち込んだ新型バイブレーターを見せながら、それがどのような動きをするのか、指と口も使って説明してくれている。

ニュースによるとこの空気圧でクリトリスを刺激する新型バイブレーターが超人気なのだそう(「オーガズムを保証します!」という触れ込み)。この手の商品は今では通常の薬局でも手軽に買えるようになっているほか、性的刺激用品専門Eコマース(大人のおもちゃネットサイト、ですかね?)大手のVuxen.seではここ数年、年50%近くの伸び率で成長している程このマーケットは伸び続けている。

その後追加でニュースサイトに掲載された性科学者の解説では、女性のオナニーや性的な小物について私たちがオープンに話すようになった背景に、多くの女性がセックスではオーガズムを得ることができない事実があると指摘されていた。

女性向けのセックス関連用品の品揃えは驚くほど増えたが、一方、Vuxen.seでは売上は男性の方が今も断然多いらしい。しかし男性がセックス小物を使わなくてはならない事実はちょっと屈辱的で表立って語られたりしないのでは? と分析されていた。

ニュース番組で何が取り上げられてももうあんまり驚かない私だが、昨日の朝はやっぱり一瞬びっくりしました。びっくりといえば、同じSVTのニュースサイトが、女性向けのセックス小物にはどのようなものがあるかを詳しく説明しているので興味のある方は下のリンクからどうぞ。

大人のおもちゃの売上急増が止まらない理由は女性のオーガズム向けの新技術