swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

見つからない文通相手

f:id:hiromi_blomberg:20210726145244j:plain

文通相手を探しているけど、なかなか見つからないローニャの話が地方のニュースで取り上げられてた(夏によくあるきゅうりや黄色い車と同じ方向のニュースか?)。封筒の自作してみたり、同封する予定の絵を書いたりと、文通する気まんまんの彼女はみたところ10歳くらいの女の子。

最近は郵便物といっても広告のようなものか、会報誌くらいしか送られてこないのに、この子はいったい「文通」というものをどこで知ったのだろう? と思ったら、彼女のおばあちゃんにはまるで兄弟姉妹のようにお付き合いをしている昔からのペンパルがいるらしい。

「文通」、「お手紙」を書くことに魅了されたローニャちゃんを助けようと、彼女のお母さんがFacebookで(このあたりで、もうなにか違っているようだけど)文通相手を探したが、これまでのところ見つかっていない。

文通相手こそいなかったが、私はバックパックでアジアを旅していた1年間や、フランスやスウェーデンで住むようになってから比較的たくさん手紙を書いたと思う。今振り返ると手紙を書くのは自分のためだったように思うが、それでも手紙を書ける相手がいるということはとても特別なことだ。

少し前の記事だが、こちらの記事よると日本では文通がまた人気のよう。

いま"文通" その魅力は? | その他 | NHK生活情報ブログ:NHK

今、手紙を書くとすると誰に書きますか?

ローニャはペンパルが欲しいが、それは難しくなっている(SVT)

© Hiromi Blomberg 2021