swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

燃えるエスキルストゥーナ。沈みゆくマルメ。

スウェーデンの中堅都市エスキルストゥーナで起きている車が燃やされる大量の放火事件。警察は日曜日の夜起こった一連の放火事件を、警察がギャング団の中心人物を逮捕したことへの報復行為ではないかと見ている。 逮捕されたのは35歳くらいの男性で、数週間…

性同一性障害を持つ子どもへのホルモン治療をめぐる論争

ストックホルムのカロリンスカ大学病院は、性同一性障害を持つ子どもへのホルモン治療を中止することを決定した。治療法はまだ不確実で、患者へのリスクを伴う可能性があるとの判断からされたこの決定への、反論の声も高くなっている。 ストックホルムのKID…

weekend nr6. 競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラブ

nr6. 競泳選手と生理の赤い血。タブーをやぶるスウェーデンの水泳クラブ swelogニュースレターnr6. 本日も配信しました今回は昨夜遅くにコペンハーゲンの空港で受けたコロナの検査のことと、水泳選手と月経の話を書いていますもちろん今週のswelogの記事まと…

LGBTQの最初のデモから50年

50年前のスウェーデンでは同性愛は病気だとされており、LGBTQであるとカミングアウトする人はほとんどいなかった。公共放送のSVTでは、医師が同性愛者を「改心させる(!)」ために電気ショックを与える手法が紹介され、番組のレポーターは電気ショック療法…

インフルエンサー、ユーチューバーと失業保険

失業してジャーナリスト失業保険組合から失業手当がもらえることがわかったオットー・エケヴィさんは、それを機会にYoutubeチャンネルを開設して、パルメ殺人事件に関する番組の投稿を始めた。 これまでの8ヶ月間を通して、送金アプリのSwishからの寄付やYo…

妊活アプリの個人情報漏えい

「妊活アプリの個人情報漏えい問題」のニュース表題を見て思い出したのは、少し前のLINEの個人情報取り扱いに関する一連の報道だったが、こちらのスウェーデンの妊活アプリ報道の内容はもっと具体的で深刻だった。 スウェーデンで人気のあるいくつかの妊活ア…

metooと名誉毀損

一読しただけでは、その問題点は何なのか、何が議論されなければならないのか、何について判断をするべきで、そのために知らなければならない情報は何なのか、ということがよくわからないニュースがある。 今日取り上げた「metooの名誉毀損で訴えられた女性…

気候心理学者

「気候心理学者」という聞き慣れない肩書きでニュースで紹介されていたのは、ノルウェーの研究者で、緑の環境党の政治家でもある、ペール・エスペン・ストクネスさん。彼が解説するのは「私たちはなぜ気候変動を真剣に受け止めず、本気で取り組まないのか?…

血液型は占いではなく、病気の診断や治療に使う

スウェーデンの人口の約半数を対象とした超・大規模な研究でわかったのは、血液型と特定の病気になるリスクとの間の明確な関連性。 この研究 を指導したスウェーデン・ルンド大学の血液・輸血医学部のマーティン・オルソン教授は「もしもひとつの血液型がす…

weekend nr5. 声がつくる未来。Voice-only-networks

先程配信した今週号は「声」のお話です nr5. 声がつくる未来。Voice-only-networks swelog weekend、今週は「声がつくる未来」スウェーデンでのClubhouseの停滞、ポッドキャストへ流れるYoutuberの話や声の魅力がいちばん輝く場所に関する個人的な考察、など…

PCR検査、コロナ検査の個人の値段、国の費用

今回のスウェーデン↔日本間の渡航(デンマーク、オランダ経由)の渡航に際して、自費で行ったPCR検査の費用は、スウェーデンのマルメで受けたものが1950クローナ(約26,000円)、そして来週のスウェーデンへの帰国に合わせて今、京都のクリニックへ予約した…

コロナ世代の高学歴で、影に隠れる若年層失業率

スウェーデンで2020年の初夏に高校を卒業した「コロナ世代(coronakullen・coronastudenter)」と名付けられた若者たちは、卒業後に仕事を見つけることが難しく、総合大学や専門単科大学で学業を続ける人が多かったことが、統計結果からも顕著に現れた。 2020…

ドローン街道

スウェーデンのリンショーピング大学で研究が進んでいるのが、道路ならぬ、航路ならぬ、来る近未来のドローンのための空の道、人呼んで「ドロー路」(すみません、今勝手に名付けました) 数多くのドローンが空を駆け巡ることが予想される今、世界中でドロー…

コロナが加速した高齢者のネットオークション ブーム

コロナ禍で会場でのオークション開催ができない今、オンライン・オークションサイトが絶好調だ。この成長を支えているのは、80代、90代の新しいネットオークションサイト利用者たち。 みんながよく利用するのはスウェーデン、そしてヨーロッパで人気のオンラ…

© Hiromi Blomberg 2021