swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

1942年の配給生活を体験する人たち

スウェーデン南部に危機装備ミュージアムというのがあって、そこでは世界大戦時に使われていた防空壕や、装備されていた戦車や武器などの展示をみることができる。このミュージアムの主催者が「非常時の食事を体験する」とイベントを年に1回、フェイスグル…

北欧通信93 高齢者施設での性生活を考える

ヨーテボリにきています。でも今朝配信したレターで取り上げたのはスコーネにある高齢者施設での性生活に関する取り組み。 ほほー、いかにもスウェーデンらしい話題だなーと思ったら、高齢者向け施設でのセックスやマスターベーションの話は実はスウェーデン…

10万人の車通勤者に2週間の電車バス定期券を無料で提供

このキャンペーンで車通勤者の習慣を変え、一人でも多く公共交通機関の利用者を増やそうとしているのは、スウェーデン中西部地域の公共交通の運行を担うヴェストトラフィック社(Västtrafik)。同社はヨーテボリを中心としたこの地方に住む人のサステナブル…

「スウェーデンの環境政策は間違っている」

との発言の主は、気候変動問題に関して私たちが大きな信頼をよせる、ポツダム気候研究所所長でストックホルム大学教授のヨハン・ロックストローム。ロックストロームは、今のスウェーデン政府は気候政策をすべてエネルギー政策で解決しようとしており、世界…

コミューンが支払い先延ばし措置で、子ども世帯や高齢者を助ける

クリスマスのプレゼントや休暇の後で、毎年1月はスウェーデン人の懐が一番さみしい時期。特に今年は電気代が高騰しているため、家計のやりくりが大変な人は多い。 そんな中、ホームヘルパーや保育などの提供しているサービスに関して、簡単な手続きでその支…

渡らない渡り鳥

これまで冬の寒さが厳しいときには、スウェーデンからヨーロッパ大陸に移動し越冬していた鳥たちが、冬の間もスウェーデン南部に留まるという現象が目立っている。スウェーデン南部では平均的な冬が短く、暖かくなっている。 比較的短距離を移動する種類の渡…

沖縄とラップランド

遠い沖縄とラップランドをつなぐのは、その土地を権力に蹂躙されてきた歴史だろう。昨日発表されたスウェーデンのアカデミー賞であるグルドバッゲで、ラップランドのサーミの戦いの歴史を刺繍作家の目から捉えた映画が最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。…

銃撃事件は詳細に報道するべきなのか?

1960年代から70年代の頭にかけて大人だった人は、どういう気持でニュースをみていたんだろうかと、思いながら今朝は起きた。 目が覚める直前まで見ていたのは頼りない気持ちでパリで迷子になっている夢で、これは先週からこの週末にかけて、パリでのイランへ…

北欧通信92 名もなき家事、を再考する

今週のレターではスウェーデンの「名もなき家事」問題の解決法を提案する本の内容を紹介しています。 今月スウェーデンで出版された「名もなき家事」を取り上げた本によると、スウェーデンの家庭でも、多くは名もない家事の大半を女性が一手に引き受けており…

『ノースマン』にみる、スウェーデンと日本の映画宣伝の大きな違い

スウェーデンでは昨年春に公開された映画『ノースマン 導かれし復讐者』が昨日から日本でも劇場公開されている。私が見たのはウクライナでの戦争が始まったショックが毎日を暗くしていた時期だったこともあり(それは未だにそうかもしれないが)、この映画の…

ためこみ症、スウェーデンのゴミ屋敷

自分では買うことのない巨大な魚肉ソーセージのようなFalukorv(ファールコルブ・牛肉と豚肉でできているが)を料理することになったので、なにかテレビ番組でもみながらと思って、SVT Playを開き、最初に気になった『Samlarna(ためこむ人たち)』というド…

すみません、ここまで高かったのか、一軒家の人の電気代

一昨日書いた私の電気代に関する認識がひどく世間とはずれていたようなので、お詫びするとともに、昨日ニュースになっていた各政党党首たちが今月どれくらい電気代を払ったかを書いておこう。 一軒家に住んでいる家庭の平均的な先月12月分の電気代は、住んで…

「あなたがEコマースで返品した服は捨てられると思え」

というかなり衝撃的なニュースがダーゲンス・ニュヘテルに掲載されていた。 こちらの発言の主はルンド大学の国際環境研究所のカール・ダルハッマー講師。彼は同研究所の他の研究者たちと共同で、Eコマース業界のキーパーソン11名に匿名でインタビューし、そ…

電力をめぐる危機と好機

さて、こちらのこのニュース、ちょっと読んだだけでは、どう評価したらよのかわからない。 『衝撃的な電気料金と電力危機にも関わらず、スウェーデンは電力輸出で過去最高を記録』 他の国に売っている余裕があるのなら、国内でもっと安く電力を売ってくれ、…

© Hiromi Blomberg 2022