swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

いつもの夏、いつも以上の夏

SVTの取材によると、ストッホルム、ヨーテボリ、マルメを始めとするスウェーデンの5大地域の医療機関では、集中治療室の医師などすべての希望するスタッフにいつも通りの4週間の夏休みが与えられた。取材した医療機関の中には、休みの長さを3週間にする代…

世界一心のこもった拒絶と写真スパイ

「写真スパイ」 と聞き慣れない言葉で、オリンピック開催中の東京での取材生活を語っていたのは、スウェーデン大手新聞ダーゲンス・ニュヘテルのヨハン・エスク記者。 「写真スパイ」とは、オリンピックのために外国からやってきたジャーナリストや関係者が…

5%の漸進 swelog weekend

今週のswelog weekendは、 5%の漸進 変化の起こり方の速度について書いています。 閉塞感ただよう毎日がガラッと変わってほしいとは思っても、急激な変化には反動的なリアクションも起こりがち。 そして5%しか変えないのではなく、5%は変えるという決…

拡大生産者責任で衣類価格も上昇へ

拡大生産者責任とは、製品コストの一部である回収リサイクルにかかる費用も販売価格に上乗せする形で生産者が予め負担するという考え方である。 生産者が製品の生産・使用段階だけでなく、廃棄・リサイクル段階まで責任を負うという考え方。具体的には、生産…

アイスクリーム回収騒ぎとE番号

7月の半ばからSia社やHamglass社のアイスクリーム、またSkånemejerietのクリームチーズやOrkla社のマーマレードなどが、使用が認可されていない物質を含んでいるとして市場からの回収を呼びかけている。 これらの食品には、EUでは使用が認可されておらず、発…

スウェーデンの左党躍進で、日本共産党を考える

7月下旬に行われた支持政党の世論調査で、スウェーデンの左党が記録的な13.3%へと大躍進を遂げた。夏至祭前後の首相不信任案とそれに続く首相の辞任、そして同じロベーン首相の再任命となった一連の動きは、左党が新築アパートの家賃の自由化に、強いNOを突…

代えのきかないピルの在庫と優先順位

ドイツのバイエル社が製造しているQlairaというピルが、スウェーデン全国で在庫切れ中で、11月まで入荷しない見込みとなっている。Qlairaは避妊用ピルとして使用されるだけでなく子宮内膜症を患っている人にも処方されているが、これと同じ成分で作られてい…

災害直後の72時間はご自分で

世界各地から自然災害のニュースが絶えず、スウェーデンのニュースでも各家庭でできる「非常袋」の準備の仕方を、赤十字のエキスパートが教えていた。 非常袋の考え方は日本人の私には馴染みが深く、特に注意も払わずに聞いていたら「スウェーデンでは災害が…

見つからない文通相手

文通相手を探しているけど、なかなか見つからないローニャの話が地方のニュースで取り上げられてた(夏によくあるきゅうりや黄色い車と同じ方向のニュースか?)。封筒の自作してみたり、同封する予定の絵を書いたりと、文通する気まんまんの彼女はみたとこ…

ニュースとジェンダー swelog weekend

今日配信のnr16は ニュースとジェンダー について。 ニュースメディアの中のジェンダー平等、グローバル・メディア・モニタリング・プロジェクトのスウェーデンでのモニター調査結果について書いています。その他にも 夏の雑誌 五輪と気候でモヤモヤ グース…

オリンピック放映権と公共放送

ほんの一週間ほど前までスウェーデンでは、公共放送のSVTがオリンピックの中継をしないだけではなく、ニュースで動画クリップを使うことができるかどうかも決まっていなかった。SVTは既に2014年からオリンピックの放映権は獲得していない。 スウェーデンで今…

「読者になる」ボタンで更新情報をメールで受け取る

swelogのブログを書き始めてもうすぐ3年。 お世話になっている”はてなブログ”のすばらしい機能を、改めて実装しました。「読者になる」からこのブログの読者になっていただくと、 新しい記事が書かれた時にメールでお知らせが届きます。swelogは毎日更新し…

ロックストロームの「ショックだ」発言に、ショックを受ける

日本の熱海に始まり、ドイツ、ベルギーそして北米や中国などから、次々に送られてくる大雨洪水や森林火災のニュース。 世界各地からの自然災害のニュースを目にすることが日常化してしまっているが、そのニュースに対して信頼する環境科学者が「ショックを受…

スウェーデンにアマゾンは根づくか?

スウェーデン語サイトを立ち上げて8ヶ月が経ったアマゾン。 5月の月間サイト訪問客は1400万人だったが、それでもスウェーデンに根付いたとは言えそうにない。サイトにはまだまだ自動翻訳によるあやしいスウェーデン語が溢れており、価格設定も変だ。商品の発…

ワクチンと抗体と若者と

公衆衛生庁が昨日発表したところによると、今、スウェーデンでは半数以上の人が新型ウイルスに対する抗体を持つ。これは同庁が定期的に献血者や外来診療などからの血液サンプルの分析し、発表しているもの。前回、4月末から5月にかけて行われた同じ調査では…

クロスカントリー・スイミング

去年に引き続き、コロナの影響で今年の夏もハイキングやカヤック、キャンピングなど野外活動が人気だ。その中で「クロスカントリー・スイミング」という聞き慣れない活動に勤しむ人たちがいる。 クロスカントリー・スイミング、またはスウェーデン語では「水…

イケアが気候に投資する時

先週、イケアの気候スタートアップへの投資の記事をいくつかのニュースメディアで見かけた。 イケアは2012年から非常に小規模ではあるが、マルメで社会的起業家から製品やサービスを調達することを始め、さらにその地域限定的だった取り組みを世界レベルに持…

投資されない女たち swelog weekend

swelog weekend、今週も本日配信しました。 今週はまた時事テーマにもどって、スウェーデンの投資状況を創業者の性別で分析した 投資されない女たち の話題について書いています。それ以外にも ジャンク断ち(食べ物とSNS) 異常気象が通常に? ヴィーガンス…

氷河を覆え!

いやー、昨日は暑かった! かと思えば、うちの周辺は午後には急に局地的な嵐のような大雨が降る激しい天気に。そこで、今日は涼し気な氷河の話を選んだが、これも氷河が解けてゆく話ではある。 スウェーデンで一番南にあるへーラグス氷河でも氷河の融解が急…

ヘラジカも喘ぐ、ポータブルエアコンの夏

日本の熱海やベルギーやドイツなどの大雨・洪水による災害とは比較できないが、スウェーデンも今、スウェーデンなりに猛暑で大変だ。ここルンドでも連日30度ぐらいの気温が続いているし、天気予報で見る限りは北の方もとても暑そう。家電量販店は今年も扇風…

ワクチン効果? 新規感染は若い人だけ (追記あり)

私の住むスウェーデン南部スコーネ地方でのコロナの新規感染者は、この1ヶ月は50歳未満の人だけになっているという記事を読んで、驚く*1。 全体の感染者数もとても低くなっているので(先週はスコーネ全体で167名で2020年8月以来最低の数字)、デルタ株の感…

電動キックボードは夜、乗るな

デンマークのきゅうりのニュースではないけれど、毎年夏や機会がある度にしつこく取り上げている電動キックボードの話題。 swelog.miraioffice.com 昨日ノルウェーで決まったのは電動キックボードの夜間の使用禁止令。 これにより夜の11時から朝の5時までの…

なくなりつつあるコロナ規制

スウェーデンでは200万人が観たと発表された日曜日のサッカー欧州選手権の決勝。会場は6万人の観客で埋まっていたが、スウェーデンでも、もうすぐスポーツイベントなどの観戦客の人数制限などがなくなる見込みだ。 昨日、政府と公衆衛生庁が改めて発表した…

ヒッチハイク再び

昔ながらの町外れの道端で親指を立てたり、行き先を書いた紙を持って行うヒッチハイクではなくて、SNS上のヒッチハイクグループが人気だ。 このフェイスブックのグループは、スコーネ地方からストックホルムまでのヒッチハイクや相乗りのマッチングを提供し…

ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン swelog weekend

swelog weekend、今週も本日配信しています。 これからしばらく夏休み構成で、いつもの時事関連のテーマ記事からはちょっと趣向の異なる内容をお届けしていきます。夏仕様第一弾は ユーモアで政治を変えたアストリッド・リンドグレーン について書いています…

スウェーデンの人気のミームは国王と首相でどうぞ

スウェーデン国王、カール・グスタフのミームがただいま世界のミーム愛好者の中で人気上昇中なのだそう。世界中のミームが人気を競い合うサイト ”Photoshop battles” で今回国王のミームがトップになったとSVTが伝えている。 ミームとは 「ごく一部のコミュ…

世界のタレコミ、内部告発はスウェーデンの新聞へ!

「Leak to us(タレコミは私たちに)」。 スウェーデンの大手新聞ダーゲンズ・ニュヘテル(DN)が、世界中の内部告発者にタレコミをするなら、内部告発者の安全を守ることにも調査報道の専門力にも勝るうちの新聞にぜひ、と呼びかけている。 DNは業績が好調…

スウェーデン国会のまったく「わきまえない女たち」

不信任案を決議され首相を辞任した社会民主党のステファン・ロベーンは、国会議長による調整下でさまざまな経緯を経て(すみません、端折ったよ!)、昨日また首相として任命された。(このニュースは共同通信が配信しているので、こちらもどうぞ スウェーデ…

刃物の携帯も殺傷事件も増えている

先週続いた銃撃事件に衝撃を受けていたら、ウプサラからは刃物による殺傷事件が激増しているとのニュースが伝えられていた。日本の銃砲刀剣類所持等取締法と同様、スウェーデンにもナイフ所持に関する法律があって、武器として使うことを目的に刃物を公共の…

伝書鳩

サーバー攻撃が激しくなっているので、セキュリティを考えて伝書鳩でメッセージを伝えることが再びトレンドになっているというニュースか? と一瞬思ったが、実際はそこまで逆行していなくて、記事は伝書鳩を使った鳩レースのスウェーデンと世界での現状を伝…

© Hiromi Blomberg 2021