swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

進む寒冷浴研究

f:id:hiromi_blomberg:20211027131216j:plain

私の大好きな寒冷浴(特に冬、サウナに入った後などに冷たい水に飛び込む活動 ☺︎)が健康によく、特に体重を減らしたい人にはよい影響を与える可能性ある、との研究結果が紹介されていたので、記事を読んでみたが、これだけで科学的に証明された! とは言えない感じで、でふむと唸る。

Cell Report誌に掲載されたこの研究はデンマークの若くて健康な男性を対象に、毎週寒冷浴をする習慣のある8名と、同じ様に若くて健康だが寒冷浴の習慣はない7名の男性を過去2年間にわたって調査したもので、寒冷浴習慣があるグループは、代謝がよく体脂肪が少ないをことがわかったというもの。特に体内の脂肪を燃やして体温を調整する機能を持つ褐色脂肪が、寒冷浴の習慣のある人では寒さの中で有意に活性化することがわかったという。

褐色脂肪は赤ちゃんや若い人には多いが、60歳をすぎると消えていく。しかし、体を冷やすと褐色脂肪が増えることは、これまでも人間と動物を対象とした研究でわかっている。

ごく数名の若い男性を対象にした研究ということで、これで「寒冷浴は健康によいのだ!」とは言えなさそうだが、これは意味のある研究だとコメントを寄せているストックホルム大学の研究者もいた。

2019年の2月に参加したヘルシンボリの「寒冷浴ウィーク」で講演を拝聴したサウナの健康への効果を研究をしている学者は「サウナに関する研究はあるが、寒冷浴についてはあまり研究されていない」と言っていたので、これでも研究は前進したいってよさそう。

まぁ褐色脂肪が活性化しようがしまいが、すっきり痩せようが痩せまいが、寒冷浴自体が気持ちよくてやっているので、研究結果は別にどうでもいいか。もっとすごい研究結果がでて、私の好きな寒冷浴場(Kallbadhus)がこれ以上混み合うのも嫌だしなー(←心狭い私)。

流行の冬の冷浴は健康によい影響を与える可能性があり、特に体重を落としたい人によい((SVT)

© Hiromi Blomberg 2022