swelog 今日のスウェーデンのニュース

スウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

氷のサウナと増える寒冷浴愛好者

f:id:hiromi_blomberg:20210109143100j:plain

日本もスウェーデンも冷えてますね! 

こんな時こそ、熱いサウナで温まってから凍るような海にザブンとはいる寒冷浴場ことカルバアドヒュース(Kallbadhus)に行きたいけれど、私は去年の2月ヘルシンキのホテルでサウナにはいってから、その後はコロナでまったく寒冷浴場に行っていない。

(カルバアドヒュースとは?スウェーデンの「寒冷浴場」巡り swelog weekend

先週末、近くの海岸を散歩していたら浜辺でいきなり海パン一丁になって海に入っていく人がいて、わーと思って眺めていた。私にはまだサウナなしでいきなり寒冷浴する勇気はない。ちなみにその後、海から上がってきたその人は、うちのアパートの上に住むお隣さんでさらにびっくりした。お互い、そんな趣味があったとは知らなかった😅

さて、秋にはコロナの影響か「森が混んでいる」ことを書いたが、こちらもコロナの影響もあるのか、今、各地の湖や海でのこの「いきなり寒冷浴」の人気が高まってるようだ。

スウェーデン最北の街ルレオでは、愛好者グループがコミューンに寒冷浴場の設置や街の中心部でも寒冷浴ができるように凍っている氷面を割った場所をつくるように働きかけている。水流があり真冬でも水面が凍らず寒冷浴ができる場所は、今はいずれも街から離れており車が必要で、また必ずしも安全なところでもないからだ。

愛好者のFacebookグループを主催し、カルバアドヒュース設置をコミューンにはたらき掛けているポントュス・ヴィクストロームさんは、寒冷浴をルレオの顔として位置づけることで、街の発信力や観光地としての求心力を高めることができると力説する。

カルバアドヒュースはスウェーデン各地にあるが北部では寒すぎるためか、実はそのほとんどはスウェーデンの南部に集中している。ルレオにカルバアドヒュースができてもその遠さゆえどれくらいの人が訪れるかわからないけれど、少なくとも私は絶対行きます。 ポンテュスさん、期待しています!

ノールボッテンの最北の地で寒冷浴が人気急上昇中・ほとんど0度の水で

この寒冷浴のニュースの関連で、2年前のニュースだけど氷でできたサウナの動画がフィーチャーされていたので、リンクを貼っておきます。すごい。暖かくなってくると氷が溶けてサウナの湿度が100%となり蒸気でなにも見えなくなる独特の空間となるそうだ。

ポントュスさん、ルレオに人を呼ぶのなら、アイスホテルじゃないけどこのアイスサウナもあればきっと世界中から観光客がたくさんくるんじゃない?

寒気の中、アイスサウナで暖を取る

© Hiromi Blomberg 2021