swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

コロナの中で愛を求める強い気持ち

f:id:hiromi_blomberg:20200622131505j:plain

スウェーデンのオンラインデートサイトMötesplatsenのこの3月〜5月期の新規登録者数は前年同時期比で25%増加した。別のサイトHappy Pancakeではその増加具合は30%。最大手のTinderは登録者数の変化について公表していないが、アプリの使用状況が大幅に増加していることを話している。

コロナの中、新しい出会いはどうやって見つけるのだろう? Mötesplastenが行ったアンケートでは、今6割程度の会員は、デートをオンラインのみに限っている。同時にチャットは長く頻繁になっている。そして多くの人が、物理的ディスタンスを保たないといけないこの時期だからこそ、逆に人と一緒にいたい気持ちがよりつのることを打ち明ける。

デート・コーチのヤネット・ヴィンベリさんによると、コロナで「シングルはいやだ」との思いに至った人は増えたそうで、彼女が相談にのることもコロナ前と比較すると30〜40%増えた。

新しい人と出会いたい人へ、彼女のおすすめは屋外トレーニングのグループやカヤックの教室など、外でのアクティビティに参加すること。今年の夏休みは自宅周辺で過ごす人が多いだろうから、いつものなら出会うことのないご近所さんと出会ういい機会かもしれない。

さて、今日はどんな新しい出会いがあるかな〜?

コロナの時代の愛を求める強い気持ち