swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

衣類化学物質税

f:id:hiromi_blomberg:20201017140736j:plain

スウェーデン政府は計画していた衣類や靴に使用される危険な化学物質への課税を、2022年に開始することになった。対象とされる化学物質は主にがんやアレルギーを引き起こす要因になると考えられているもので、現在スウェーデンで販売されている衣料に使われていることは既に稀だが、この新しい衣類化学物質税はその方針のさらなる徹底を狙ったものだ。

新税は来年4月に導入される予定だったが、パンデミックの影響でその導入時期が延期されることになった。

スウェーデンでは既に家電用品に使用される危険な難燃用剤に課税を行っており、この衣類や靴を対象とした危険な化学物質への課税はそれに続くものとなる。スウェーデン政府はさらに、アレルギーを引き起こす1000以上の化学物質をEU内で規制する法案をフランスと共同で提出した。

このあたりの背景が簡単にまとまっている日本語のサイトがないかなー?と探してみたら幾つかみつかったので、こちらにリンクを貼っておきます。

ChemSec 2020年4月3日 スウェーデン 繊維製品に化学物質税を提案

服に使われる化学物質のこと、どれだけ知ってる? | Vogue Japan

驚いたのはグーグル検索では自分が2019年4月に書いた記事もヒットしたのに、その内容をあまり覚えてなかったこと😰 swelogも毎日書き始めてから2年以上経ち、記事数も最近800件を超えたので、自分でもう一度読み直してみて勉強するか😅

swelog.miraioffice.com

衣類と靴への化学物質税導入は2022年に