swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などの面での日本とは異なるアプローチがヒントになればと、 スウェーデンのテレビや新聞のニュースの中から、ささったトピックを毎日ひとつ選んで紹介しています。 週末は長めの読み物 swelog weekend スウェーデンのニュースメディアを取り巻く環境の変化にも注目しています。

テレビとラジオ

f:id:hiromi_blomberg:20181217172019j:plain

公共ラジオ放送P3を代表する番組群のポッドキャストページ

 概況

スウェーデンでは、実に1990年近くまでテレビは公共の2局だけで、それも夕方から夜だけなど限られた時間のみの放映だった。

1987年にTV3がロンドンからの衛星放送として、また1991年にTV4が初めての民営地上波として開局するまでは、受信料運営のスウェーデン公共テレビSVTの2局のみが放送を行っていた。

2019年から公共放送は受信料から、公共放送目的税を財源とする運営に切り替わる。

参考・当ブログ記事「受信料から公共放送税へ」

swelog.miraioffice.com

コマーシャルを主な財源とする民放や、近年ではネットフリックスなど有料ストリーミング放送の人気も高いが、スウェーデンの公共テレビもニュース、ドラマ、娯楽の分野で人気を誇っており、人々の信頼も厚い。

また、ラジオ(ネット配信やポッドキャストを含む)を日常的に聴く人は、今日でもあまり減少しておらず、多くの人の日常にまだまだ溶け込んでいる。*1

公共テレビ局

現在スウェーデン公共テレビ放送 (Sveriges Television, SVT) は4つのチャンネルを運営している。

  • SVT1 総合、ニュース、ドラマ、娯楽、スポーツ
  • SVT2 ニュース、科学、文化、ドキュメンタリー
  • Barnkanalen/SVT24 昼間は子供向けチャンネル。夜から朝にかけては主に他のチャンネルの再放送を行うSVT24
  • Kunskapkanalen (UR (教育テレビ)との共同運営) 教育、教養番組

スウェーデン人のパブリックサービス・公共放送への信頼は厚い。2017年のSOM調査でも実に78%の人が公共放送を信頼していると答えている。

f:id:hiromi_blomberg:20181217192357p:plain

https://som.gu.seより引用。Frukostseminarium Institutet för mediestudier 3 maj 2018 より抜粋

中でもニュースメディアとしてのSVTは信頼されているが、若い層ではネットで直接ニュースを探したり深掘りするのを好む傾向があり、SOMの調査ではニュースの入手先としてGoogleをSVTと同程度に信頼しているとの結果になっている。

 

f:id:hiromi_blomberg:20181217193807p:plain

https://som.gu.se/より引用。MEDIEVANOR & MEDIEFÖRTROENDEより抜粋

なお、SVTは国が所有するものではなく、独立した委員会の元で運営されており、政権からの自立性を保った機関である。SVTは自らの最も大切な役割として「国民の生活に大きな影響を与える行政とさまざまな組織や企業を厳しくチェックすること」を上げている。

現在、ほとんどの新聞のウェブ記事は有料で、購読者以外はアクセスできないことから、このブログでも国民の信頼度が高く、かつ誰でもアクセスできるSVTのニュースサイトからの話題を第一選択肢として使うようにしている。

また、SVTで放送されるほとんどの番組は、2006年から始まったSVTのネット上のオンデマンドサービスSVT Playで、同時視聴並びに放映後も30日以上アクセスすることが可能である。

SVTの主なニュース番組は次の通り。

  • Morgonstudio (SVT1) ニュース報道とゲストからのコメントを主体とする平日の朝の総合ニュース番組
  • Rapport (主にSVT1) 今日の主なニュース。毎日18時、19時30分の他、一日数回放送
  • Aktuellt (SVT2) ニュース解説、分析。 土曜日を除く毎日21時より

民放テレビ局

民放のテレビチャンネルは多数あるが、独自でニュース番組を制作しているのはTV4とTV5に限られる。TV4ではSVTと同様、朝と夜に充実した内容のニュース番組を制作、放映している。

公共ラジオ局

 SR (Sveriges Radio)はP1からP4まで4つの主な放送局を運営している他、フィンランド語、サーメ語の局もある。

12歳から79歳のスウェーデン人の60%にあたる420万人が毎日SRのなんらかの番組を聴いており、中でもP4のリスナーが一多く、320万人である。*2

  • P1   ニュース解説、ドキュメンタリー、文化
  • P2   音楽(クラッシックとジャズ)とスウェーデン語以外の番組
  • P3   若者向けのラジオ
  • P4   各ローカル局のニュース、交通情報、スポーツなど