swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

新型コロナウイルス

そしてどうなった? 大学での感染拡大調査

ウメオ大学で新学年スタートに合わせて実施されたキャンパスでの感染拡大状況を把握するための2万人を対象とした壮大な調査(実験?)。この度、感染拡大はほとんど見られなかったという結果がまとまった。 (どんな調査だったかはこちらをどうぞ) 大学生…

『老人と冬』

3月から半年近くに渡って実施されていた高齢者向け住宅への面会禁止が解かれることになった。長らく自分の伴侶にも会うことができなかった人たちは、今週公衆衛生庁から出たこの方針の変更を歓迎している。 スウェーデンで残念なことに多くの新型コロナウイ…

24%のリモートワークの13%

SVTの報道によるとコロナ禍の今、スウェーデンでリモートで働いている人は24%。ストックホルムだけに限るとその割合は40%だ。そして、アメリカで行われた調査によるとリモートワークを行った場合、生産性は13%向上するという。 これ以外の詳しい情報はで…

ルンドの「自転車・イン」PCR検査

この5月くらいだっただろうか? 隣国デンマークで始まった「ドライブ・イン」のPCR検査のニュースを見た時は、スウェーデンではなかなか進まない検査の浸透状況と、かなり差があるなぁと思ったものだった。 それが今では、スウェーデン南部のスコーネ地方だ…

音でわかるコロナとストックホルム

今年の春先、3月半ばからスウェーデンにおいてもすっかり変わってしまった私たちの行動様式とは裏腹に、国からのロックダウン要請などがなかったことから「好き勝手にやっている」との誤解に基づくレッテルを他国から貼られてしまったスウェーデン。 そんな…

ここまで変わったスウェーデンでの新型コロナ感染状況

今も毎週火曜日と木曜日に行われている新型コロナウイルス対策関連省庁合同記者会見。私はすっかりみなくなってしまったが、昨日もしっかり開催された。 昨日の会見で、公衆衛生庁のカールソン長官がコメントしたのは「スウェーデンでの新型コロナウイルス感…

長い夏休み+コロナ=別れの季節

長い夏休みのあとは、毎年やってくるのが離婚の季節。スウェーデンではカップルが分かれる時期に季節的な変動があり夏休み明けのこの時期に多いのは、こちらでも書いた通り。 夏の終わりの離婚の季節 - swelog 今日のスウェーデンのニュース 今年はパンデミ…

コロナとヘラジカ狩り

スウェーデンのニュースを読んでいると時々でてくる狩りの話題。今日の話は、今年のヘラジカ狩りの解禁日が近づいてきたことと、それへのコロナの影響のニュース。 今年も地方により多少のズレはあるものの、大体今週辺りからヘラジカ狩りが解禁となり、その…

いつも通りのクリスマス?

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いているスウェーデンだが、70歳以上の高齢者や既往症のある人などは社会的な活動や外出を控え自宅にとどまるように、という公衆衛生庁からの要請は続いている。 昨日の夜のSVTニュースに出演した公衆衛生庁のアンデシ…

大学生2万人のPCR検査、大調査

今日からスウェーデンの大学で新学期が始まるが、3月以降、夏休みまでリモート授業を続けた大学も、今期はキャンパスでの授業を再開するところも多い。 その中でもキャンパスで授業行う割合が他の大学と比較して高いのが、スウェーデン北部の街にあるウメオ…

500人、1メートル、ディスコ・キング

新型コロナウイルス対策として今年の3月以降、最大50名までとされていたのスウェーデンにおける集会規模の上限が500名までに変更されることになった。公衆衛生庁が昨日の記者会見で発表した。 これは競技場やコンサートホールなど座席の決まっている催しに…

小さなこどもは0.045%、そして若者は騒ぐ

目下ウプサラで子どもと新型コロナの感染拡大の関わりを調べるPCR検査が行われていることを書いたが、昨日はフィンランドから子どもは新型コロナウイルスにほとんど感染しないという調査結果が報告された。 この8月に11,000名の子どもを対象に実施された検…

PCR検査キット不良品

3月から8月半ばまでスウェーデンで使用されていた一部のPCR検査キットの品質が悪く、これまで4000人近くの人に間違って陽性であるというテスト結果がでていたことがわかった。昨日の記者会見で公衆衛生庁が発表した。 このPCR検査キットは中国から購入された…

感染者が自分で行う感染追跡調査

スウェーデンの新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いてきており、新たに確認される感染者の数もいまのところはぐっと減ってきている。 夏休みも終わりみんなが仕事に戻って学校も始まった状況の中、これからまた感染が拡大する可能性はもちろんあるし、公…

子どもへのPCR検査で子どものコロナ感染拡大力を調べる

このあいだの週末、今週からの学校新学期スタートを前に、学校からの感染の広がりを抑えるために子どもたちにマスクを着用させるべきと考える26名の専門家たちの意見が、大手新聞ダーゲンズ・ニュヘテルに掲載された。 公衆衛生庁のアンデシュ・テグネルは、…

コロナで増えた、開けっぴろげだが危険な場所への侵入

スウェーデンの家には外からの視界を遮る目的でつけられたカーテンはないし、よほどの豪邸でもない限りは一軒家であっても簡単な柵ぐらいはあっても塀も門もないことも多い。 そして住宅地を離れると、自然享受権がある。私有地であっても持ち主に損害を与え…

コロナで増える自転車泥棒

混雑する公共交通機関を避けるために自転車で通う人が増えているが、それと同時に自転車泥棒も増えた。2020年の上半期に警察に届けられた自転車の盗難は33,000台で前年同時期比で9%増となった。

高校の授業をめぐる議論で思い出す、スウェーデンのとってきた長い道のり

コロナ禍でも、小中学校にあたる基礎学校は閉鎖しなかったスウェーデンでも、高校と大学の授業は春以降リモートで行われていた。が、その高校生たちがもう一週間もすれば秋の新学年期からは学校に戻る。 高校生たちが一斉に学校に戻ればバスなどの公共交通機…

コロナ増税?

世界的にみると「高負担」と称されることの多いスウェーデンの税制度だが、住民たちからそれほど不満の声があがらないのは、税収と支出の関係がわかりやすく、かつ私たちが理解できる範囲で予算が組まれていることにもあるように思う。 ほとんどの人はコミュ…

GDPの減少で、心配なのは若者の失業

2020年4月〜6月のGDP(国内総生産、スウェーデン語でBNP ・Bruttonationalprodukt)は、その前四半期に比べて8.6%減少し、1980年以降で一番激しい減少率となった。 昨日のニュースではスウェーデンでは厳しいロックダウンはなかったものの、公衆衛生庁の要…

秋からのスウェーデンが直面する問題

もうすぐ8月。8月と聞けば本格的な夏を感じる日本と違って、スウェーデンではそろそろ夏休みも終わり、来週辺りから仕事に戻る人がぐんと増える。季節はもう秋。 ダーゲンズ・ニュヘテルが昨日公開したインタビューで公衆衛生庁のアンデシュ・テグネルは、…

ワクチン接種しない人3割

スウェーデン社会防衛対策庁が先日行った調査では、新型コロナウイルスのワクチンができても3割の人が接種に懐疑的でおそらく受けないであろうと回答した。 この調査結果を受ける形でSVTがインタビューしていた世界的なワクチンの識者であり医師のポール・…

混雑を防ぐための9億円

7月1日から施行されたレストランやバーなどでの感染拡大を防ぐための新しい規則。この規則によると、例えば異なる客同士の間は1メートル以上の間隔を保つことになった、、、はずだが? ストックホルム市ではこれまでに、主に「混雑している」と苦情があっ…

ワクチンの順番

70歳以上の高齢者、重篤になる可能性の高い糖尿病などの既往症のある人、そして医療機関で特に新型コロナウイルス対応に従事している人たち。さらに高齢者介護施設など高齢者向け各種サービスで働く人。 昨日、公衆衛生庁がコメントしたのは来年に予定されて…

マスク

アメリカのトランプ大統領まで前言を翻してマスクをつけはじめ、マスクをめぐる見解でスウェーデンの独自性が際立ってきた。現在マスクの着用を義務化もしくは推奨している国は#masks4allによると130カ国に及び、欧州疫病予防センターECDCも電車におけるマス…

コロナ予測

EUのコロナ復興基金はどうなる? スウェーデンは貧乏くじ? とか思いつつも2,3日ニュース番組からご無沙汰していたら、その間に公衆衛生庁のアンデシュ・テグネルが3週間の夏休みから戻ってきていた。 さっそく昨日の記者会見に出たデグネルが発表したの…

移民の文化と言葉とコロナ

自分の親族、知人たちの間から33人を新型コロナ肺炎で亡くしたというヌリ・キノさんの話が、今朝のニュースで取り上げられていた。 キノさんは今回感染が多く広がったストックホルム郊外のソーデルテリエに暮らす。新型コロナがスウェーデンを襲った当初、政…

コロナでサッカーの試合がないと?(桶屋はもうからないけど…)

サッカーの試合や夏の大きな音楽イベントがコロナの影響で中止になったり無観客になると、犯罪事件の捜査がすすむ。人気のサッカーの試合では100名以上の警官が警備にあたることも多いが、そんな人的リソースを事件の捜査にあてている現状がその理由の背後に…

出会わない夏

一時は医療が崩壊する要因になるのではとの心配もあった、新型コロナで集中治療室で手当を受けている患者の数がスウェーデンで100人以下になったことがわかった(covid-19で治療を受ける人減少)。 4月末に比べるとその数は5分の1まで減っており、さらには…

コロナが加速する「お店消滅」

6月15日に久しぶりに街に出た時の写真。天気はいいけど閑散としてる。 スウェーデンの街中の「お店」はコロナ禍がやってくる前から、この先3万人の仕事が失くなる予想が発表されるなど、存続の危機にさらされていた。みんな外出を控えるようになり3ヶ月以…