swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

新型コロナウイルス

今年の冬は、ずっと寒いしコロナも深刻(らしい)

SVTの気象予報士の解説によると、今年の冬の寒さは例年通りへ厳しさへと戻り、また寒さが長く続くと予想されるそうだ。スウェーデン南部でも近年の驚くほどマイルドな冬ではなくて、平年通りの寒さへと戻る。北部では広範囲で寒波が襲来し、平年よりも気温が…

パンデミックと依存症

9月の末にコロナ対策としてのリモートワークの要請がなくなってから2ヶ月近く。長く続いた在宅勤務中に、従業員がお酒や薬物さらにはギャンブル依存症になったことに気づき、支援を求める企業が増えている。 SVTのインタビューに答えていたのは、民間の依存…

来年夏までの最悪のシナリオと予想死者数

ストックホルムの疫学地域医療センターなど感染症予防に関わる機関が共同で、現在のワクチン接種の状況から予想される新型コロナウイルスによる死者数を発表していた。 SVTの記事では、スウェーデンではワクチン接種が進んだといっても、一度もワクチンを受…

コロナ拡大中で、リモートワーク再び?

昨日はマルメで開催されている見本市にいってきた。去年はコロナで開催されなかったこの見本市の、今年の人出は2年前と同じような感じで、マスクをしている人もほとんどなく、あちらこちらで商談が続く。 コロナ規制もなくなって、クリスマスディナーやクリ…

新型コロナウイルスワクチン接種後の健康被害への国家補償

詳しいことは書かれていなかったけれど、新型コロナウイルスのワクチン接種の副反応で健康被害がでた際の、補償の方法に変更があったことが報じられていた。 新型コロナウイルスの政府の認証済みのワクチンの接種により健康被害が出た人は、これまでも通常の…

ワクチン接種と 今のコロナ感染状況

今年の7月以降、新型コロナウイルスに感染した10人のうち4人が2度のワクチン接種を受けていた人だった。 昨日の公衆衛生庁の記者会見で状況を説明したアンデシュ・テグネルはネルは、とても多くの人が2度の接種を済ませているスウェーデンではこれはある…

コロナ監査継続中swelog weekend

swelog weekend nr 30 〈今週のトピック〉 コロナ監査継続中〈今週のブログ記事〉 COP26とSNSと冬の健康〈今週のスウェ推し〉 世界を狙うNick's swelog.theletter.jp 今週のニュースレターswelog weekendは内容が明らかにされたコロナ監査委員会の第二次報告…

私たちの3度めのワクチンとアフリカの現状

スウェーデンではすっかりおなじみの顔になった公衆衛生庁のヨハン・カールソン長官とアンデシュ・テグネルが、いつもとは違う明るい光の屋外でとった写真を見かけて、あれっと思ったら、彼らはソマリアにいたのであった。 スウェーデンの公衆衛生庁は、2019…

ポストコロナの働き方、ワクチンの今後

在宅勤務の要請が今日からなくなるということで、ダーゲンス・ニュヘテルが、スウェーデンを代表する企業に、社員の働き方はどう変わる予定かを取材していた。 スウェーデンの公衆衛生庁は、可能な人は自宅からリモートワークすることを2020年の3月16日から…

ワクチンを打っていないのは誰か

「ワクチン証明もいらないし、渡航規制もなくすから、自分で考えて行動してね」とまあ、そう言われたわけですな、。スウェーデンでは、 来週の水曜日、9月29日からほぼ全てのコロナ関連の規制撤廃が予定されていたが、この実施が今週確定した。 また大規模コ…

子どもへのワクチン接種のその理由

他のEU加盟国が次々と子どもにも新型コロナのワクチン接種を実施していく中で、ほぼ最後に残った未実施国となっていたスウェーデンも、12歳以上をワクチン接種の対象者とすることを木曜日に発表した。しかし、なぜ子どもにワクチンを打つのかの理由が、私が…

危機対応から、新型コロナ診療科の常設へ

火曜日のコロナ規制撤廃のニュースは、音楽、イベント業界の関係者をはじめ多くの人に待ってました! と歓迎されたようだが、突然でちょっと困ったな、今またなんだか変異種とか感染者数とか、ほんの少しだけど増えているみたいなんだけど……と思ったのは私だ…

医療機関への負担増でも、10月からはニューノーマル

まだまだまったく心と身体の準備ができていない感じだけど、10月から大体元の生活に戻ってもいい、と言われたのである。昨日、突然。 段階を追って進められてきたスウェーデンのコロナ関連規制の緩和。8月末か9月頭にはスポーツ観戦などのイベントの観客数制…

予想以上に厳しい秋のコロナ

9月頃には最後に残ったコロナ関連規制も撤廃されるかも、という以前の見通しは甘く、現時点のスウェーデンでは規制は緩和されるべきでないというのが、公衆衛生庁ならびにハレングレン社会担当大臣の最新の見解だ。 (↓こちらは7月半ばあたりでのちょっと甘…

ワクチン接種とコロナ入院患者の関係

ストックホルム地区の病院で行われた調査では、新型コロナウイルスによる入院患者の92%は、2回のワクチン接種が完了していない人だったことを、地区の医療サービス責任者が昨日の記者会見で伝えていた。 これはストックホルム地区で入院治療して退院した新…

若者とワクチンと男らしさ

若者はコロナ感染を撒き散らすとの汚名を着せられ、さらにはワクチン接種にも興味がないなどと言われてきたが、実はスウェーデンでは若年層でもワクチン接種は着実に進んでいることをTT通信社が報じている。 全国平均で見ても、18歳から29歳までの新型コロナ…

いつもの夏、いつも以上の夏

SVTの取材によると、ストッホルム、ヨーテボリ、マルメを始めとするスウェーデンの5大地域の医療機関では、集中治療室の医師などすべての希望するスタッフにいつも通りの4週間の夏休みが与えられた。取材した医療機関の中には、休みの長さを3週間にする代…

ワクチンと抗体と若者と

公衆衛生庁が昨日発表したところによると、今、スウェーデンでは半数以上の人が新型ウイルスに対する抗体を持つ。これは同庁が定期的に献血者や外来診療などからの血液サンプルの分析し、発表しているもの。前回、4月末から5月にかけて行われた同じ調査では…

ワクチン効果? 新規感染は若い人だけ (追記あり)

私の住むスウェーデン南部スコーネ地方でのコロナの新規感染者は、この1ヶ月は50歳未満の人だけになっているという記事を読んで、驚く*1。 全体の感染者数もとても低くなっているので(先週はスコーネ全体で167名で2020年8月以来最低の数字)、デルタ株の感…

なくなりつつあるコロナ規制

スウェーデンでは200万人が観たと発表された日曜日のサッカー欧州選手権の決勝。会場は6万人の観客で埋まっていたが、スウェーデンでも、もうすぐスポーツイベントなどの観戦客の人数制限などがなくなる見込みだ。 昨日、政府と公衆衛生庁が改めて発表した…

デルタ株、スポーツイベントの有観客問題

「オリンピック、観客1万人まで」とかいうニュースの見出しを読んで、あぁ、東京五輪はやっぱりこのまま結構強引に開催されるんだな、と思い始めた。 一方、ヨーロッパではサッカーの欧州選手権EURO2020が絶賛開催中。ヨーロッパの各都市で分散されて開催さ…

とれないパスポート、泳げない子ども

人々の気持ちが急速に「コロナ明け」の生活に向き始めているのだろう、夏休みに外国へ旅行に行くことや、子どもを夏季休暇中の活動に参加させたりすることを考え始める人が増えたことによる影響がでてきている。 パスポートは 今、申請をしても地域によって…

妊婦とワクチン

昨日の朝、テレビのニュースにカロリンスカ大学病院のカーリン・ペッテルソン上級医師が出演して、妊婦と新型コロナのワクチン接種に関する様々な質問に答えていた。 ワクチン接種と妊婦に関する一番多い質問は、やはり、妊婦がワクチン接種をした場合、胎児…

2021年6月1日にできること

先週の木曜日にスウェーデン政府が発表した、これから5段階にわけてコロナ関連規制を緩和していく計画。最初のステップは本日、6月1日から適応される。 ステップ1 ・映画館、劇場など屋内のイベントでは50名まで収容可能 ・スポーツ、文化などの屋外イベ…

ニュースをゲームやクイズにするこの傾向は?

コロナが「アルコール消費量」、「離婚件数」、「確認されたインフルエンザ患者数」、「一戸建て住宅価格」と「Eコマースの売上高」をどう変えたかを、自分でインタラクティブに予想して学べる、凝ったインフォグラフィックのページをSVTが公開している。 ww…

コロナ検査の不備でスウェーデンに入国できない人はどうなるか?

スウェーデンが要求する入国に必要なPCR検査の要件などを満たさないままアーランダ空港に到着してしまった人は、やってきた国に追い返される。もと来た国に戻る便に乗れるまでは空港のトランジットホールで待機することになる。 ストックホルムのアーランダ…

どこまでも続くコロナ記者会見

先週末まで約5週間ほど日本にいた際には、スウェーデンのニュースはサイトで読むかそこにあげられている短いニュースクリップを見る程度。ましてや以前はちょくちょく見ていたコロナ関係省庁が共同で行っている定例記者会見などはまったく見ていなかった。 …

PCR検査、コロナ検査の個人の値段、国の費用

今回のスウェーデン↔日本間の渡航(デンマーク、オランダ経由)の渡航に際して、自費で行ったPCR検査の費用は、スウェーデンのマルメで受けたものが1950クローナ(約26,000円)、そして来週のスウェーデンへの帰国に合わせて今、京都のクリニックへ予約した…

コロナ世代の高学歴で、影に隠れる若年層失業率

スウェーデンで2020年の初夏に高校を卒業した「コロナ世代(coronakullen・coronastudenter)」と名付けられた若者たちは、卒業後に仕事を見つけることが難しく、総合大学や専門単科大学で学業を続ける人が多かったことが、統計結果からも顕著に現れた。 2020…

変異株のためのブースター・ワクチン

スウェーデンの公衆衛生庁の予防接種部門の責任者ソーレン・アンデションによると、新型コロナウイルスで今感染の広まっている変異種への対応策として、追加のワクチン接種が必要になる可能性がある。 ワクチン開発に関わる製薬企業が目下開発を進めている変…

© Hiromi Blomberg 2021