swelog ここだけのスウェーデンのニュース

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

ポロシェンコが欲しがるカールグスタフ

f:id:hiromi_blomberg:20220315142753j:plain

今回の戦争が始まるまでゼレンスキー大統領の名前は知らなかったけれど、ゼレンスキーの前、2014年から2019年までウクライナの大統領だったポロシェンコの名前は知っていた。たぶん、彼が石炭売却に関連するスキャンダルで反逆罪で起訴され、国外に逃亡するという一連のニュースを所々で耳にしていたからだと思う。

今は市民防衛隊のひとりとしてキエフで戦っているポロシェンコが、SVTのインタビューで、ウクライナはもっと武器が必要だと訴えていた。

ウクライナに武器を送ることでロシアを必要以上に刺激して、戦争が激化し、NATOとロシアの直接対立や、ひいては第三次世界大戦につながる恐れがあるとは思わないのか、という質問には、武器をもらっても戦うのがウクライナ兵であれば、そのような恐れはないと彼は答えている。

ポーランドから戦闘機を手にいれても、ウクライナのパイロットが戦うので大丈夫だととポロシェンコは言うのだが、その論理は果たしてプーチンも通用するのだろうか?

ポロシェンコは、スウェーデンとスウェーデン政府の支援に感謝すると言い、スウェーデンには特に「カールグスタフ」という、歩兵が使う、軽量だが破壊力の高い無反動砲を送ってくれとリクエストしていた。

カール・グスタフはこちらのページによると日本の自衛隊をはじめ、多くの国で採用されている優れた武器のよう。スウェーデンはこつこつと技術を磨くことに長けた技術大国だとは知っていたけど、これまでは有名な武器の名前までは知らなかったけれど、あんまり持ちたくはない、こんな知識がどんどん増えていく。

ウクライナ前大統領「カールグスタフを送ってくれ」(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022