swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

オミクロンBA.2、ワクチン証明書反対デモと、未接種高齢者の高リスク

f:id:hiromi_blomberg:20220122151124j:plain

オミクロンには下位亜種があって、その中でBA.2と呼ばれ目下スウェーデン、デンマーク、インドなどで広まっている亜種は、これまで中心的だったBA.1種よりも感染力がさらに強力であるらしいことがわかってきた。

デンマークでは、今年の頭にこのBA.2種が感染者全体の20%程度だった状態から今、約半数を占めるまでに。デルタ株にも100種類以上の下位亜種があったが、その違いは取り上げるものではなかったそうだ。スウェーデンの公衆衛生庁は、今のところ、感染力の違い以外に、症状などでの違いは確認されていないが、注意深く観察する必要があると説明している。

一方、ワクチンを接種していない65歳以上の高齢者は、2度もしくは3度の接種を受けた同世代の高齢者と比較して、コロナによる感染で入院する可能性が49倍も高いというアメリカのCDCによるまとめが出された。

スウェーデンでも今日の土曜日、ワクチン証明書による行動制限への大規模な反対デモが予定されている。世界各地で実施予定のワクチン証明書の使用に反対するこのデモには、ストックホルムでは警察が3000人の参加を許可しているが、主催者側は3万人以上集まることを期待していると話している。

公安警察は、デモなどで自分の意見を表明することは、民主主義の基本的な柱であり大切であり、また人々が何を主張しようとその内容を追うことは公安警察の仕事ではないが、これまでのコロナ、ワクチン関係のデモには、暴力的な行動をとる過激な右派が何人も参加しており、過激派の行動にはデモ参加者も、特に注意する必要があると言う。

このデモに集まるのはおそらくはワクチンを打っていない人が多いのだと想像するが、もしも参加する人の年齢が高い場合は、感染とその後の重症化リスクを考えた方がよさそう。オミクロンBA.2が感染っても、みんな風邪くらいですめばいいんだけどね。

北欧で広がるオミクロン亜種は感染力がより高い可能性(ダーゲンスニュヘテル)

公安警察庁はコロナデモでは右翼過激派の暴力的な行動に注意するよう呼びかけ(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022