swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

SAABフィーバー

f:id:hiromi_blomberg:20220124133711j:plain

1979年に製造されてからほとんど使用されていない新品のSAABがスウェーデンの納屋から発見されて、目下加熱したオークションが行われている。

緑青色とでもいうのだろうか? すてきな緑色の例の特徴的な形のSAABは現在ヨーテボリでオークションにかけられていて、本日、月曜日の夕方にオークションは終わる。オークションサイトを今覗いてみたところ、入札価格は41万クローナ(約510万円)まで上がっていた。

Netauktion - Till salu via auktion SAAB 96 V4 Super 1980, 7km (FLW073)

youtu.be

この新車(?)の走行距離はたったの7キロでほとんど使用されていない。しかしあちこちにサビが出ていて、エンジンもオーバーホールが必要な状態。

2011年末に倒産した際には3000人が職を失ったSAABだが、今でも熱狂的なサーブファンがいて、中古車売買の人気も高い。しかしこの車フィンランドで製造されたそうで、へー、そんな時代だったのかとちょっと驚きました。

使用されていない1979年のSAABが見つかり、オークションが加熱(SVT)

倒産して10年。Saabは記録的な価格で売買されている(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022