swelog ここだけのスウェーデンのニュース

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

子どもの足の写真売買と、いつものスローTV

Tik Tok、Instagram、Snapchat、Twitterなどのソーシャルメディアに、足の写真を集めたアカウントや、足の写真の売買についての広告が登場し、子どもたちが400クローナで自分の足の写真を売るように誘われる。そんな奇妙なことが起こっている。

取材に答えていたのは12歳の子たちで、自分はやったことはないが実際に足の写真を売った子どものSwish(スマホ送金アプリ)で、瞬時にお金が送られてくるのを目撃したと話す。

子どもの権利団体Ecpatと警察のグルーミング事件調査班は、児童性的犯罪事件の捜査で集められた写真の中に、子どもたちの足の写真が含まれてきていることに注目する。

一見、害がなさそうな子どもの足を売買すること自体は違法ではないが、Ecpatは見知らぬ人に写真を販売するリスクを指摘する。10歳から15歳くらいの子どもの事件を扱う調査班は、子どもが足の写真を売ったあとで、裸の写真を要求されるなどのケースを確認している。

近くにこれくらいの年齢のお子さんがいたら、変なことになっていないか注意してあげてください。自分の足の写真に見知らぬ人が400クローナも払うなんて、ちょっと考えたらやはりこれは気持ち悪いよねと、気がついてくれればいいんだけど。

____

そして、トピックはまったく違うけど、こちらもやっぱり今日お知らせしておかなければ。

ヘラジカスローテレビがまた昨日から始まっている。今年で4年めの、春のヘラジカの様子をノンストップで中継するこの番組。毎年最初の一週間くらいははヘラジカに遭遇せず、その出現を待つことが多かったが、今年は中継開始2時間で早くも最初のヘラジカがカメラの前に現れた。

これも気温温暖化の影響か?

世界中から観ることのできるこの番組、アクセスはこちらからどうぞ。今年は、ユーチューブのように視聴者が動画にコメントできるようになってますな。

www.svtplay.se

SNSの新トレンド・子どもたちが足の写真を売るように勧誘される(SVT)

子どもの足の写真が児童性犯罪サイトに紛れて現れる(SVT)

最初のヘラジカがクルベリに姿を表す(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022