swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

気候温暖化で夏の北欧への観光客増加?

EUの気候サービス、コペルニクスによると、今年の7月は観測が開始されて以来3番めに暑い7月で、ヨーロッパ各地でも高温の記録が更新された。気候温暖化の影響でこのように暑くなってくると、南の方から北欧へ避暑客が押し寄せるのではないか? との取材をSVTが行っていたが、スウェーデンの政府観光局Visit Swedenによると、これまでのところまだそのような影響はでていないとのこと。

この週末はルンドでも気温は30度くらいまで上がったが、日向はべつとして、木陰にいると涼しいし、断熱の効いた建物の中にいると、冷房などまったく必要ないくらい涼しい(うちには未だに扇風機もない)。

これまでも特に森や湖が好きなドイツ人にはスウェーデンは人気の観光地だったが、これからは暑さを避けるためにやってくる人も増えるのかもしれない。20年ほど前に比べたら、夏の観光客、増えたよなぁと思っていたが、これからますます増えるのか? スウェーデン人は長い夏休みをとっている場合じゃないかも?

涼しさが南ヨーロッパからスウェーデンへ観光客を呼び込む(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022