swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

よみがえる夜行列車となくなる窓口


f:id:hiromi_blomberg:20190401010753j:image

スウェーデン政府は、この春の予算で5000万クローナ(約6億円)をヨーロッパ各国との夜行列車の運行のために使うことを決定した。費用は、各国との交渉や調整、また新たにこの分野の専門家の雇用などに使われる。

私の夫はヨーロッパ内は基本的に飛行機に乗らないと決めている人なので、私も一緒にヨーロッパ各地へ結構電車ででかけているが、いつもチケットをとるのはかなり大変。

ずっと以前はSJ(スウェーデンの国鉄)のチケット窓口で一括手配できたのが、格安飛行機の台頭とインターネットでのチケット販売の普及があいまって、夜行電車もチケット窓口もほぼなくなってしまった。

スウェーデンは環境問題に関心が高い国家だと一般的に理解されているが、実は一人あたり世界平均の5倍以上も飛行機を使っており、政府としてもこの状況を変革したいとうのが、今回の予算の狙いだ。実際たった(?)6億円でどれくらいインパクトのあることができるのかは疑問だが、方向性としては歓迎したい。

おそらく、これからはタイなどの遠い国への休暇旅行が減り、ヨーロッパ各地へ電車ででかける人が増えてくるだろう。

一方チケット窓口問題は、おそらく再び人が対応してくれるようなことはなく、この先もっと減っていくだろう。日本でもみどりの窓口もなくなっていくようですが、ちょっとさみしいですね。

政府がヨーロッパ各国への夜行列車に5000万クローナ予算取り