swelog

今日のスウェーデンのニュース

COSとユニクロ

f:id:hiromi_blomberg:20180820030434j:plain

 年に2回クリスティーナに会う。

クリスティーナは、私のアルゼンチン人の友人の母親。今年81歳になる。ブエノスアイレスに住んでいて、一人でイベリア航空に乗って、マドリッドでの6時間のトランジットをものともせず、年末とこちらの夏休みの時期に1ヶ月ずつマルメに住む娘の家で過ごす。

私と夫は少しスペイン語ができるので、彼女に会うのはいつもとてもいい頭の体操。そして会うたびに心が弾み、やる気に満ちる。クリスティーナに初めて会ったのはもう10年以上前だと思うけど、まったく変わらない。いつも美しく、好奇心に溢れ目が輝いている。

クリスティーナはいつもマルメで買い物に励む。特に洋服は「スウェーデンで売っているものの方が断然品質がいい」といって、カバンに入りきれないくらい買っていく。

 

今回の滞在で彼女がハマったのはH&Mの上質おしゃれラインのCOS。スッキリとすてきで値段も手頃だけど店舗がまだ限られていて、私もコペンハーゲンやヘルシンキ、銀座のお店などで機会を見つけて買っていたブランド。マルメにもしばらく前にできた。ちょうど今回クリスティーナに会った日もCOSの真っ赤な夏のワンピースを着ていたので絶賛してもらった。

 

次に彼女に会うのは年末か年始。ユニクロは来週ストックホルムにオープンするけどコペンハーゲンは2019年の春になるとか。はやく一緒に買い物に行って、クリスティーナの感想をきいてみたい。

 

 

「日本発であることが一番の強み」 (DI Weekend)