swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などの面での日本とは異なるアプローチがヒントになればと、 スウェーデンのテレビや新聞のニュースの中から、ささったトピックを毎日ひとつ選んで紹介しています。 週末は長めの読み物 swelog weekend スウェーデンのニュースメディアを取り巻く環境の変化にも注目しています。

無人運転トラックが公道へ

スウェーデン中部の都市ヨンショッピングでも、無人運転のトラックが間もなく公道を走り始める。

とはいっても、これはまだプロジェクト段階で、産業地区にある運送会社DBシェンカーの貨物ターミナルと倉庫の間を走ることのみが許可された形だ。監督者が常に近くで一人ついていることを条件として、交通庁から特別な許可をもらい行われている。無人ではあるが、車には外から確認できる周囲360度の状況を確認できるセンサー、カメラがついている。

スウェーデンでは今いくつかの都市で同様のテスト運用がはじまっているが、車が無人の際におこる様々な状況下で、どういう基準で状況判断を行い、どのような行動をとらせるのかはまだまだ詰めきれていない部分が多いそうだ。

このトラックの場合は、もしもなにかトラックに近づきすぎた場合は停止する、とシンプルなプログラミングがされている。

自動運転に関しては、まずは、自家用車よりもこのような限られた場所を走るトラックやシャトルなどが無人運転化されることとから普及していきそうですね。パリや台北、秋田でも走っていた無人運転のシャトルバスは今どうなっているのかな?

ヨンショッピングで自動運転のトラックが公道OKへ