swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

かがり火のないワルプルギス

今日は日本では平成最後の日。スウェーデンでは「ワルプギスの夜」。

夜に、メーデーを迎えるための大きなかがり火をたくとても美しい行事の日だが、今年は雨不足で火事に結びつく危険が高いため、スウェーデン中部の多くの自治体でかがり火の中止が決定されている。

私の住むスコーネ地方でも4月にはいってずっと雨が降っていなかったが、幸いこの前の土曜日に少しはまとまった雨が降り、ヴァルボリ(ワルプギスをスウェーデン語でこういいます)の火はたかれる。

去年は、水不足で山火事に悩まされたスウェーデンの夏。今年の夏はどうなる?

ヴァルボリでかがり火の中止へ(わかっている63コミューン)