swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方など、スウェーデンのニュースから毎日ひとつ選んで紹介しています

お正月中のニュース

 

ニュースメディアもお休み中

スウェーデンでは年明け、祝日なのは基本的に1日のみだが今年は明日の4日の金曜日まで3日間休みをとって7日の月曜日から仕事始めとする人も比較的多いようだ。

テレビや新聞のニュースも、災害や事故などの緊急性の高いもの以外は特に話題もなく、去年のまとめ記事も多い。

去年一番読まれたDNの特集は?

ここに少し紹介するのはスウェーデンで一番読まれている新聞Dagens Nyheterのオンライン版で、2018年に一番読まれたレポート、インタビューのリスト。少し目を通すだけでも、今、スウェーデンで新聞を読む層の関心の高い事柄が見えてくると思う。

トップ20記事からいくつか抜粋したリスト
  • 22年前にナチスに関するディベートで打ち負かした当時10代の生徒が、ネオナチのリーダーになってしまった先生の話
  • パルメ首相が暗殺された際に、偶然その場に居合わせた当時17歳だった女性が彼を助けるために心臓マッサージを施したが、それから人生が180度変わってしまった話
  • 2017年4月、ストックホルムの繁華街ドロットニングガータンであったテロで足を失った37歳の女性の話
  • 2018年の総選挙の運動中に行われた、メディアはスウェーデンの状況を悪く書きすぎると主張するフレドリック・レインフェルト前首相へのインタビュー記事
  • フェミニズムや「政治的正しさ」を批判し、一部からは熱狂的な支持を、また一部からはかなり嫌われているカナダの研究者ジョーダン・B・ピーターソンへのインタビュー
  • 発砲事件の続くマルモの救急病院で働く医療従事者と、銃で打たれた人が担ぎ込まれた時に病院で起こっていることに関するレポート
  • ハンガリーのTVインタビューに登場し、「強姦と放火の続くスウェーデン」のイメージを象徴する存在となったスウェーデン人女性の話
  • Aviciiから逃げ出そうとしていたTim(Aviciiの本名)の話
  • スウェーデン・アカデミーに関する2018年総括

個人的にはジョーダン・B・ペーターソンとは一体なんなのかがまだつかめておらず、もう少し彼に関するレポートをフォローしようと思っている。

 

2018年DNオンラインで一番読まれた特集記事はこの20 (Dagens Nyheter)