swelog

今日のスウェーデンのニュース

スポーツエリートの摂食障害を助ける

 

激しい練習でエネルギーを消耗するのに、成果を出すために体重を抑えることを優先し、拒食症に陥る若いエリートレベルのスポーツ選手が多いそう。知らなかった。

 

この度オスタースンドに、怪我から精神的な苦痛まで、様々なことで苦しんでいる若いスポーツエリートのためにサポートセンターを開設するアンテ・アンダーシュソンは、拒食症になった娘を5年一緒にサポートしてきた経験がある。

5年前に娘が拒食症になった時サポートしてくれる機関がなく、まず自分の仕事をやめることをからはじまったそう。

今彼女は元気にスキー専攻の高校に通い、辛い時期は無事くぐり向けられたそう。本当によかったです。

 

娘の摂食障害を乗り越えて、他のスポーツエリートを助けるセンター設立へ (SVT Nyheter)