swelog ここだけのスウェーデンのニュース

日本では概要程度しか報道されないスウェーデンのニュースについてのコメントや、他では読めない小粒だけど気になるニュースを毎日伝えています

アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞の「女性」問題

f:id:hiromi_blomberg:20211012131417j:plain

昨日発表された、私たちが普段(メディアが?だろうか?)「ノーベル経済学賞」と呼んでいる賞は、本当は「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」と呼ぶ。

この賞は他のノーベル賞のように、アルフレッド・ノーベルにより創設されたものではなく、1968年にスウェーデンの国立銀行の設立300周年を祝う行事の一環としてできたものだからである。

受賞者の選考は他のノーベル賞と同様、スウェーデン王立科学アカデミーにより行われノーベル財団によって認定されるが、賞金はノーベル財団ではなく、スウェーデン国立銀行が出している(ということは、私の税金か!)。

今年のノーベル経済学賞は(やはり「アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞」といちいち呼ぶのは長すぎるな😅 )、実際に社会の中で起きた変化を比較する「自然実験」と呼ばれる手法を確立したアメリカの3名の研究者が受賞した。

ノーベル経済学賞に米大学の研究者3人 | ノーベル賞2021 | NHKニュース

彼らの研究は、例えば「最低賃金をあげても失業率は上がらない」とか、「移民が増えても、その国の人の仕事は奪われたりはせず、新しい移民によってなくなるのは先からいた移民たちの仕事だ」とか、私たちの生活の身近なことを扱っていて、興味深い。

広く社会で起こっているある事象の因果関係を証明するのは難しいと思うが、それを科学的に理解する手法を確立した人たちということで、この人たちの受賞は最もだと、その貢献度に異を唱える人が少ないのも頷ける。

さて、ノーベル経済学賞の問題は、その白人男性による独占率である。

今回で53回目となった経済学賞をこれまでに受賞した人は、86人。そのうち女性はたった2人。

金融経済学の教授で、ノーベル経済学賞の選考委員の一人であり、また自らも女性であるイングリッド・ヴェルネルは、「今大学の研究職で教授職についている女性は20%にも満たない。女性の受賞者を増やそうとする努力はしている」と話す。

そう言えば私は大学の経済学部に籍を置き経営学や法学の授業も受けたが、先生たちはみんな男性だったような? その時は男女比率とか考えもしなかったけど。いや、これははるか昔のことなので、今は少しは変わっているといいなと思いつつ。

解説・彼らは全世界を壮大な実験と見立てた(SVT)

なぜ経済学賞には女性が少ないか?(SVT)

© Hiromi Blomberg 2021