swelog ここだけのスウェーデンのニュース

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

イグルーで埋まる街

f:id:hiromi_blomberg:20220103142642j:plain

1月のアナログチャレンジの見本のような人がニュースで紹介されていた。

スウェーデン北部の街に住むアルネ・メルビーンさんは、娘さんにイグルーについて尋ねられたことがきっかけで、自宅の庭や郊外の森でイグルーを作りはじめた。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Arne Melbin (@arnemelbin)

www.instagram.com

2018年からこれまでに作ったイグルーの数はおそらく40以上。昨年は15程度作り、この冬も黙々とイグルーを作り続けており、12月には街中の広場でも制作。

アルネさんが作ったイグルーは、だれでも使ったり泊まったりすることができる。イグルー作りを「まるで瞑想しているようだ」と語っていたアルネさんのイグルーは、エルンショルズヴィークの街の風物詩になってきているようだ。

機会があれば一度見に行ってみたい、このイグルーがあちこちでみられるという街の風景。アイスホテルよりは雪でできたイグルーの方が暖かそうな気がするのは、気のせいか? 

イグルー作りはそれほど難しいものでもないのか、子ども向けに日本語で作り方を説明するサイトもあった。雪のたっぷりある地方にお住まいの方はこの冬、イグルーなどお一ついかがでしょう?イグルーの作り方 | 体験・遊びナビゲーター

イグルー作りにハマったアルネ・メルビンさん「完璧なイグルーへの道は始まったばかり」(SVT)

© Hiromi Blomberg 2021