swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

右派ポピュリスト政党がもたらす安全保障上のリスク

中道左派与党の社会民主党の防衛大臣と統合・移民担当大臣が記者会見をひらき、右派ポピュリスト政党でスウェーデンの第2党になろうとしている「スウェーデン民主党がもたらす安全保障上のリスク」に関してブリーフィングを行った。

この2名の大臣によると、スウェーデン民主党はこの先のスウェーデンの安全保障や外交政策に関して信頼できない政党であり、大きなリスクとなる。スウェーデン民主党はナチスや差別主義者にその政党の起源があり、ロシアや権威主義的国家と繋がりを保つことが判明しているリーダーたちを非民主主義的な方法で任命していると批判する。

大臣たちは、党首のジミー・オーケソンはウクライナで戦争が勃発する一週間前にバイデンとプーチンのどちらを選ぶかと聞かれ回答できなかったことや、スウェーデン民主党の国会事務所が第二次世界大戦開戦記念フィーカ開催のお知らせをメールしたことや、国会から追放された議員などがでたことに言及し、この9月11日の選挙の後では、スウェーデン民主党党員がが国防委員会や外務委員会の委員長になることの可能であることや、外務省、防衛庁や内閣府の官僚人事を左右したり、閣僚として政府入りする可能性を指摘する。

しかしこれらの指摘は「時、すでに遅し」感がする。

スウェーデンのスタートアップ業界でしばらく働いた経験や、こうして毎日、ニュースブログを書いている経験から、アメリカで起こったことはしばらくするとスウェーデンにもやってくることを実感しているが、この秋以降はあのアメリカが経験した「トランプ状態」がスウェーデンにもやってくると考えるとしっくりくる。

トランプが大統領になった時には本当にびっくりしたけれど、同時にそれは外国の話だった。この先4年間、ニュースで毎日スウェーデンの女性初の首相になったマグダレーナ・アンデションを見るのとジミー・オーケソンを見るのとでは、心のもちようがずいぶん違ってくるに違いない。(ジミーは首相にはなれないけど、移民統合大臣になったりするのかもしれない……)

昨日本屋さんで『絶対悲観主義』という本をみかけたけど、これからの右派連合政権の4年間に備えて、やっぱりこの本買っておくべきかな? さて、英国のトラス党首の安全保障上のリスクはいかほど?

社会民主党はスウェーデン民主党を安全保障上のリスクと呼ぶ(ダーゲンス・ニュヘテル)

© Hiromi Blomberg 2022