swelog ニュースで語るスウェーデン

スウェーデンの気になるニュースを毎日伝えるブログです

暗くて危ない

電気代を節約するために、この冬、各地のコミューンは、街灯の点灯時間を短くしたり、点灯する街灯の数を減らしたりといった対策をとっているが、中には、街灯の数を減らしすぎて街が暗くなり危険だと、住民や警察から苦情がでているところもある。

スウェーデン南部の街ラホルムでは、8000ある街灯の3分の2にあたる5000灯を消灯することにした。コミューンの試算ではこれにより1日あたり1万5000から2万5000クローナ(約20万円から33万円)節約できるはずだが、地元の警察はこの暗さでは治安が悪くなると反発している。

SVTが取材していた他の街では、ここまで極端な消灯は行っておらず目立つのは、朝の消灯時間を30分から60分程度早くしたり、夕方の点灯開始時間を同程度遅くしたりというもの。

日本に比べるとスウェーデンの街は普段から薄暗いけど、これが更に暗くなるのかな? ラホルムのような小さな街で、街灯に毎日これほどの電気代がかかっているとは知らなかったけど、そういえば日本の至るところにある、広告用の大型スクリーンとか、ああいうのの電気代はどうなっているだろうか?

(検索してみたら紹介しているページがありました。大型スクリーンの【電気代】はいくら?消費電力を元に徹底解説! - ライトリンクジャパン )

ラホルムは節電のため5000の街灯を消灯。エルザは「治安が悪くなる」と。(SVT)

© Hiromi Blomberg 2022