swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

GDPRで消えていくクラスの記念写真

去年から導入されたGDPR(ヨーロッパ一般データ保護規則)の影響はこんなところにも。

今週から始まる小学校の新しいクラス、新学期。これまで新学年の始めにクラス単位で伝統的に行っていた記念撮影を取りやめるコミューンが増えている。マルメもGDPRへの配慮からクラス写真の撮影を取りやめたコミューンの一つ。スコーネ地方では、他にもクリファンスタでも記念写真をやめた。

クラス別の記念写真をとることはもともと教育要項には含まれておらず学校側に記念写真撮影の義務もなかった。そこに撮影に際して保護者の同意、署名が必要となるなど、あまりにも事務的な処理が煩雑になったことが記念写真中止の要因となっている。

この決定を受けてSVTはマルメの街なかで小学生たちにインタビューしているが、おもしろいのはどの子も記念写真がなくなるのは残念だと思っていること。

スマホなどでこれだけ簡単に写真やビデオがとれる時代になっても、所属するグループのメンバーが一堂に会して取る記念写真の意味がみんななんとなくわかっているだろうか?

学校クラス記念写真を取りやめたマルメ市