swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

旅行手段は環境フットプリントで選ぶ時代へ

スウェーデン政府は、私たちが長距離旅行の手段を選ぶ際、飛行機、電車、バスの気候問題に対する影響を考えて購入できる手段を提供したいと考えている。

具体的には、チケットを購入する際に値段と一緒に気候への影響を数値で表示することを各交通機関に義務付けたいとの考えだ。目下、交通分析庁(Trafikanalys)が実施の効果的な方法を検討中で、来年の4月末までに導入の方法と導入すべき対象企業について取りまとめる予定。

国土インフラ担当のトーマス・エネロース大臣は「これがどれほどの影響力を持つかはっきり予測するのは難しいが、鉄道旅行など気候問題に配慮した旅行に関心が高まっている今、各自が旅行手段の環境フットプリントを確認することで気候問題への対応効果がでてくるだろう」と述べている。

スウェーデンでは国内の航空機での移動は減ったけど、長距離はまだ伸びているようなので表記が義務付けへ進むのはいいと思う。

手持ちのお金に合う価格のチケットを買うように、温室効果ガスも計算しながら旅行手段を選ぶと考えれば、それほどややこしくはないはず。あー、しかし、これまで一杯どれくらい排出してきたのかな、私😱

政府は長距離旅行の環境への影響記述を義務化したい