swelog

今日のスウェーデンのニュース

愛する映画館のロゴとジングルが変わる時

 

スウェーデンの映画館の興行をほとんど一手に引き受けるSF (Sveriges Filmindustri)。そのロゴと映画が始まる前のジングル(♫バダバ、ババババー♪)は、知らない人はいないのではないかというくらい有名で、映画というとこの音楽が頭の中で響きわたる人も多いと思う。

75年続いたジングルがこの週末から変更され、ブーイングの嵐がSNSなどで起こっている。

 

2017年に中国資本に買われたSF Bioは事業自体の名前をFilmstadenと変更し、それに伴いロゴも変更。現在全国各地の映画館で看板の付替え作業が進んでいる。

新ロゴはシンプルにFの文字一字を丸でかこったもの。「文化の香りのかけらもない」「スーパーの看板みたい」と好意的な声はまったく聞こえてこない。

SFのこれまでのジングルは、さー映画はじまるぞー!気分を最高に高めてくれる私も愛着のあるものだけに非常に寂しい。SVTの下記のページで新しいジングルが紹介されているけど、さあ、慣れるのにどれくらいかかるかな?

 

なおロゴの変更は興行部門のSF Bioのみに適応され、映画製作のSF Studioでは引き続きロゴもジングルも使い続けられると言うことなので、ジングルを聴きたい人はSF製作のスウェーデン映画を観るとよさそう。

 

映画館のあのジングルが変更へ (SVT Nyheter)

 

www.svt.se