swelog

今日のスウェーデンのニュース

放送免許

 必要があって今日は朝からスウェーデンの主要な新聞とテレビについて調べていた。
この時代に新聞の発行部数やテレビの視聴率を調べてもあまり意味はないかもしれないけど、どれくらい影響力を持つ媒体なのかざっくり理解するには役に立つ。

 

それにしてもマスメディア全盛だった時期に、民放のテレビ局数局といくつかの新聞を傘下に持ち、また多数の雑誌を発行していた(現在に至るまでまだまだ多くのメディアのオーナーだが)ボニエル(Bonnier)メディア・コングロマリットの力はどんなものだったのだろう?

これは後でちゃんと調べなきゃと思っていたら、この7月末には見逃していたニュースの続きが飛び込んで来た。

 

7月末に発表されていたのは、日本で例えるとNTTとNTTドコモを合わせたような会社、テーリア(Telia)が、スウェーデンで国営放送の総合チャンネルSVT1に引けをとらない存在のボニエル傘下のTV4を買収するというニュース。

今日速報が流れたのはその買収に関して、放映免許を管轄をする所管庁が、買収が適当でTV4が放送免許を保持するのが適切かどうか、調査を開始したというもの。

 

ここで問題は、元国営企業のテーリアの一番の大株主はスウェーデン国家である点。
テレビの2大看板局(というかおもしろい番組を次々に制作しているテレビ局はこの2局以外にほとんどない。ごめんね、TV3)の後ろに両局とも国家がついているのは、報道の自由を考えた時に健全ではないということらしい。

 

でも買収するっていった時にすぐに管轄庁がリアクションしないで、今日になったのは、やっっぱりずっと長く夏休みだったせいだよね。

 

2018年8月22日

 

放送免許取り消しか?管轄庁が調査へ (Svenska Dagbladet)