swelog 今日のスウェーデンのニュース

多様化社会、環境、移民、働き方などスウェーデンのちょっと違った「ほんまかいな!」なニュースから、毎日ひとつ選んで紹介しています

図書館新築・改築ブーム

f:id:hiromi_blomberg:20200807155626j:plain
基礎教育や高齢者介護などを運営し、どこも厳しい財政事情で人員削減や事業縮小などが伝えられるスウェーデンのコミューン運営(市町村)。

しかし、そんな中でもこれからの5年間で図書館の新築や増築のブームがやってきそうだ。全国に290あるコミューンにスウェーデン図書館連合組合がこの度実施したアンケートによると、コミューンの5つに1つでは図書館の新設計画があり、また4つに1つは既存図書館の大規模改築を予定している。

背景にあるのは、スウェーデンの多くの図書館が1960年代から70年代につくられており老朽化が激しく、また現在図書館に求められている機能を提供できなくなっていることがある。そういえばストックホルムのグンナール・アスプルンド設計によるあの有名な市立図書館も予算は減ったけど、先ごろ改築が決議されていた

このあたりですてきな図書館といえば、圧倒的にマルメの中央図書館。初めてスウェーデンに遊びに来た翌日にここに連れて行かれて、置いてある本は読めないにも関わらずそのステキさにクラクラしたのを強烈に覚えています。

図書館の建設ブームがやってくる